White Shadow:オリジナルカーの明暗 - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

White Shadow:オリジナルカーの明暗

whiteroadster_1.jpg

Builder: Lime

 4幅車で最も創造的なジャンルは、「オリジナル」の車です。何をどうデザインしても自由、しかしそれゆえに難しいことも多いのがオリジナルカー作りです。



 現在のHot Minifig Ridesを見る限りでは、4幅車というビルドジャンルは基本的に元となる現実の車ありきのものとなっています。当イベントで設けているベスト・デザインは、そんな中でもビルダーのオリジナリティを重視するアワードとなっています。今のところこのアワードに向けて車を作ってくるビルダーは少数ですが、今年のエントリーはハッキリと明暗が分かれる形となりました。アワード審査において最も重要な項目として見られるポイントは、車として格好いいかどうかということです。

whiteroadster_2.jpg

 私が虜になったのは、レゴのパーツを利用した美しいラインの出し方です。この車はどのポイントを見ても工夫が凝らされており、他にはない魅力を放っています。もちろん使われているレゴパーツに取り立てて特別なものはありません。この車をユニークで美しいデザインにしているのは、パーツの斜め固定を多用した構成にあります。フェンダーパーツを前に傾けたボディと、風防を後ろに傾けたキャビンという組み合わせによって、カーショー会場でも他に類を見ない車になっています。フロント部分は5ポッチ幅取られ、タイルとスポイラーパーツによりなめらかなフロントノーズが形成されています。顔つきを平凡なものにしないヘッドライトは、色違いの爪プレートが並べられています。スラントしたボンネットの作り方には多くの4幅車ビルダーが悩んでいることかと思いますが、素晴らしい解答の一つがここにあります。

whiteroadster_3.jpg

 4幅のキャビンから後ろに行くとボディは再び5幅に拡大されます。リアフェイスもただでは済みません。テールライトに使われているのは赤いミニフィグハンドです。それをテクニックのペグに差し込み、そして切れ込みから赤い部分を見せるという技となっています。これこそ他と差を付けるディテールアップといえるでしょう。クリアレッドの1x1パーツを置くだけではもはやアピールにはならないのです。マフラーは双眼鏡の覗き穴側を見せることで、非常に精細なダブルパイプを作り上げています。5幅になっているとはいえ非常に濃密なリアビューとなっています。それでいて手数は最小限に抑えられており、車そのもののサイズも通常の4幅車と変わりません。ホイールはシティのダブル6スポークがチョイスされ、タイヤはノーマルの組み合わせです。これも決して特別なパーツではありませんが、シンプル&クリーンなこの車に合ったホイールだと思います。白いボディに、黒く磨き上げられたタイヤが輝いています。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1017-edcc11eb