【レゴ作品】国産チューナーに喰らい付くチョップトップのホットロッド - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. ヨンハバシャコタンヤクザ. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

【レゴ作品】国産チューナーに喰らい付くチョップトップのホットロッド

tunaeater_1.jpg
TUNA EATER

レゴでホットロッドを作る人はたくさんいると思います。
「みんな違ってみんないい」がレゴビルドの基本精神だと思うので、私も自分なりのスタイルでホットロッドを追及していこうと思います。

【レゴ作品】バリバリのドラッグ仕様ホットロッド
【レゴ作品】クーペスタイルのホットロッド




今作は過去2作のホットロッドの作り方を継承したものとなっています。
テーマは過去において成し遂げられなかったチョップトップを実現することです。
チョップトップとは、ピラーを切り詰めて屋根を低くする改造ですが、ホットロッドではほとんどの車が実施しています。
前面投影面積を少なくすることで空気抵抗を減らすことが目的ですが、ぶっちゃけルックスの変化が段違いなことが広く支持される要因でしょうね。

Deuce_coupe.jpg

レゴのホットロッドもやっぱりクーペスタイルなら屋根を低くしたいところです。
ところが4幅車のフィグ乗りでチョップドな感じの作品というのはほとんど存在しません。
それだけフィグ乗りで屋根を低くすることが難しいのだと思います。

さて今回の作品は水色で製作しました。
理由は高さ2の車ドアがあったからです。
鮮やかな水色のホットロッドというのもクールになるんじゃないかと考えたのも理由の一つとしてあります。

屋根を下げるにはフィグのポジションをできるだけ下に下げることが必要です。
そのため従来の床プレートよりもさらに1プレート分座る位置を下げてあります。
画像でも下面に黒のプレートが見えていると思います。
ボディは水色の部分までに見せかけて、座る位置はさらに下げているわけです。

そんなわけで従来のクーペよりもだいぶ屋根が低くなりました。
どのくらい下がったかというと、プレート2枚分です。
なんだか大して違わないよな気がしますが、これでもかなり印象が違います。
4幅車において、1プレート分の違いというのはとっても大きな違いなんですね。
屋根には通常の4x4プレートを使っているので、カツラ付きのフィグを乗せるにはこれが限界でした。
旧ヒンジの車屋根とかを使えばあと1プレート分下げられると思います。
しかし今回はカーブスロープによるなだらかなルーフラインを出したかったので、このような形にしました。
ていうか水色の旧車屋根なんてありません。

tunaeater_2.jpg

テールライトはボディに埋め込みにしました。
ただのホットロッドではなくハイテクっぽい要素を取り入れてあります。
ホイールがボディ同色なのもその辺りを狙っています。

作ってみて分かったのが、レゴの基本水色が以外にも地味な色だったということです。
オレンジや黄緑に比べるとかなり発色が抑えられていて鮮やかと言うにははばかられる感じです。
派手さを狙うならフレンズのアズールや、ギャラクシースクアッドのダークアズールを使った方がいいと思います。

tunaeater_3.jpg
車名のTUNA EATERは「マグロを食べる者」という意味ですが、ここでの"Tuna"とは国産改造車などの"Tuner"のことを言っています。
最新のチューナー系にも喰らい付く性能を持っているという意味を込めての命名です。
ドライバーは神速METHOD。

この車はレゴコミック「ハイスクール・チームドリフト」のエキストラカーとして使用しました。
関連記事
スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/102-72ba4d9a