Sand Coupe:砂色のホットロッド - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Sand Coupe:砂色のホットロッド

sandcoupe_1.jpg

Builder: kubow

 4幅車のホットロッドは今がまさに盛り上がっているさなかと言えるでしょう。素晴らしい車が次々と生み出されています。



 Hot Minifig Ridesで現れたホットロッドの並びは、これまでのイベントの中でも最高のものでした。その中からベスト・ホットロッドに選んだのは砂色のシンプルなクーペでした。ホットロッドを作るにあたって最も重要な部分は、ボディやタイヤのバランスです。そしてバランスこそが最も難しいポイントでもあります。

sandcoupe_2.jpg

 この車は他の車に比べ、とりわけ細かく作られているというわけではありません。4幅のボディは至ってシンプルです。この車の素晴らしさはバランスの良さと、スタイルを実現するための適切なビルテクにあります。タンとダークグレーのボディカラーは落ち着いたシックな雰囲気で、フロントからリアまでしっかりローダウンされたスタイルが現代風です。タイヤは裏返しにして、白のディッシュをホイールという組み合わせが、この車を強く印象付けています。このホイールのセットアップによって、他の車とは違うオーラを生み出しているといえるでしょう。フロント周りのメカの組み方もコンパクトでありながら、非常に多くの要素が詰まっています。V字に傾斜したエンジンの上には双眼鏡のエアスクープ、フロントグリルはボディカラーもしっかり取り入れ、フロントアクスルはミニドール用のバイクハンドルといった具合です。どれも新しいアイディアではありませんが、完成の仕上がりは完璧です。

sandcoupe_3.jpg

 フロント車軸から伸びた細いワイヤーも地味ながら車の密度を高めてくれます。ルーフの高さはタイヤ2個分もありません。タイヤの高さがウェストラインまで来ているのでボディの低さがより強調されますね。リアはグレーの垂れポッチを使ってテールライトを取り付けています。

sandcoupe_4.jpg

 低い屋根の中にミニフィグを乗せるために床抜き仕様になっており、さらに寝かせて収めています。エンジン部分は裏から見ると案外フラットです。タイヤは内側に小径のタイヤを取り付けてから上に被せているのが分かります。

sandcoupe_5.jpg

 この手のホットロッドで問題になるのがヘッドライトの取り付けです。こちらの車は手錠を使っています。手錠パーツは柔らかい素材でできているため、狭いスペースに取り付けするにも都合がよいパーツです。クリップ部分は本来ミニフィグの腕を掴む部分なので、このようにポッチを掴むには少しクリップを広げる必要があります。
 クーペやロードスターなんかが人気ですが、ホットロッドにも色々な形があります。今後も様々な車が見られるようになるとカーショーがもっと楽しくなることでしょう。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1025-d83f741e