PANDEM BOSS RX-7ワイドボディ - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

PANDEM BOSS RX-7ワイドボディ

pandemrx-7_1.jpg

RX-7 Pandem Boss / Builder: 最澄

 Hot Minifig Ridesのアワードカーにはマツダが多いです。それも4幅車界隈にこの人物がいるからに他なりません。



 彼が作る車にマツダが多いのは、彼が生粋のマツダガイだからです。しかし彼はまだ運転免許も取ることができない学生であり、彼の車に対する情熱はほとんどがレゴに注ぎ込まれている状態です。当ブログを前から見ている人なら彼の名前を何度も見てきたはずです。彼が作り出す4幅車はいつも私たちの度肝を抜き、そして誰にも負けないほどにクールです。格好いい車を作る秘訣は、現実の車文化をしっかり捉えているところにあります。今年のベストチューナーに選んだこの車は日本製スポーツカーとして高い人気を誇るRX-7、もちろんカスタムを施された姿となっていますが、他の4幅車とのアプローチの違いはパンデムのボスというワイドボディを再現しているということです。

pandemrx-7_2.jpg

 パンデムもロケットバニーも最近のJDMやスタンスの文化を語る上では欠かすことができないエアロボディのブランドです。ボスというボディキットはRX-7にワイドフェンダーを取り付けるだけではなく、そのフロントフェイスを旧車風にしているのが特徴です。そのため、フロントは丸四灯のヘッドライトと古めかしいグリルが付き、リアは90年代の美しいスポーツカーのボディと融合した独特のスタイルとなります。ワイドフェンダーはフロント側はレールプレートとタイルを使い、1プレート分の幅拡張、リア側はジャンパープレートで半ポッチ分の拡張をされています。カーブしたフェンダーとBピラーの隙間をプチスロの逆さ組みで埋めるテクニックが素晴らしいです。往年のRX-3風フェイスは双眼鏡のライトに、蛇口のフェンダーミラーで実車のディテールを再現しています。

pandemrx-7_3.jpg

 大きなリアウィンドウの中にはバッテンを描いたロールケージが入れられています。これにはミニフィグ用ツールの十字レンチが使われています。風防の上のプチスロはターンテーブルの盤を使って接続されています。テールにはカーズのマックイーン用の跳ね上がったスポイラーが装着され、アグレッシブな形状のディフューザーと、上に向いたマフラーまで装着されます。

pandemrx-7_4.jpg

 車高を下げるために車軸は逆さに取り付けられています。ボディサイドの接続には奇数長を出せて便利と評判の1x5テクニックプレートが使われます。ハーフペグのマフラーは給油ノズルを使って取り付けられています。ちなみに内装色は白に統一されているようです。見せるための仕上がりとしても申し分ありません。
 まだ本物の車は所有していませんが、お台場のスタンスネイションなどに行って本物の車を見る体験は積極的に持っているようです。この車にもそうした現実で得た感動が盛り込まれているわけですね。今年のカーショーではこのRX-7を超える内容の車はいないと思いました。4幅車ビルドには常に現実へのリスペクトが必要なのです。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1033-739976a7