Lemon Box:完全見た目重視の4幅バンの組み方 - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Lemon Box:完全見た目重視の4幅バンの組み方

yellowvan_1.jpg

Builder: ナタデココ

 この車はレモン(ガラクタ)ではありません。4幅界の素晴らしきレモンボックスです。



 去年から4幅車の世界にもバンのブームがやってきています。今年のHot Minifig Ridesも多数のワンボックスカーが集まり、ベストバンを決定するのに苦労しました。この車をアワードに選んだのは、フォルムのバランスが一番優れていると思ったからでした。4幅車でバンを作るときに悩ましいのは、屋根を高くしたときに、細身になりすぎてしまうバランスの難しさです。ボディを思い切って5幅にすることで違和感を解消したビルダーも何人かいました。どのやり方も素晴らしかったですが、今回は4幅のボディに惹かれました。

yellowvan_2.jpg

 特に元となる車種は明らかになっていませんが、70年代のアメリカンフルサイズバンの雰囲気がムンムンに漂ってきます。短いボンネットに丸目のライト、グレーのバンパー、そしてファットなタイヤがその雰囲気を作り出しています。ボディサイドはスロープとカーブで内側に丸め込んで、太いタイヤと織りなすフェンダーのフォルムがアメリカらしい筋肉質なラインを描いています。プレート1枚分ずつ幅拡張することでタイヤもフェンダー幅に収まっており、車高の高さも合わせて当時っぽさを感じさせます。決して珍しいパーツなどは使っていませんが、まだまだ組み合わせ次第で格好いい形を生み出せることが示された素晴らしい例だと思います。ボンネット部分のプチスロを1+2+1で分割したり、フロントグリルの奥のヘッドライトブロックを黒にしたりと、パーツ使いの細かい配慮も感じられます。

yellowvan_3.jpg

 リアウィンドウまで埋まった完全なパネルバンとなっています。ちなみにドア開閉などのギミックを一切排除した、これまた完全なる見た目だけの仕様となっています。シンプルな形のバンとはいえど、ある意味本気でやるなら徹底した見た目重視というのも一つの手のようです。ワンボックスのボディを引き締めているのが中央に通っている白いラインです。ウェストに入れるラインはフィグ乗り4幅車では結構難しい技で、この車でもミニフィグの座る位置を大幅に下にずらすことでサイドのラインを運転席まで通しています。

yellowvan_4.jpg

 裏返すと床を全て抜いてミニフィグを中に埋め込んでいます。上で紹介した写真でも、車体の下から足が見えるほどにかなり低い位置に搭乗しています。背の低いスポーツカーでミニフィグを無理やりねじ込んでいる例は多いですが、この車でこの乗せ方というのは結構驚きです。サイドの白いラインを入れなければ、もう少し車の中にミニフィグを入れられたと思いますが、ここまでして得たルックスは確かに他の車とは全く違う魅力を放っています。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1038-4148c83e