Corn Crax:トウモロコシ色のストリートチューナー - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Corn Crax:トウモロコシ色のストリートチューナー

corncrax_1.jpg

Corn Crax

 80年代の車も今やクラシックと呼ばれる世代になってまいりました。そんな車をいじるスタイルを4幅車でやってみました。



 何事も深く考えすぎてしまうと、だんだんと浮世離れした思考に陥ってしまいます。これは私が4幅車の格好良さを追求していく上でいつも気にしていることです。流行のシーンや誌面を飾るような明確にクールな車たちは、わざわざ探さなくとも見つけることができます。今回はストリート的でシンプルなカスタムを形にしてみようと思いました。イメージはホンダのコンパクトで、黄色いボディと赤いホイールを組み合わせます。

corncrax_2.jpg

 ボディメイクはシンプルにしました。80年代のホンダをイメージして角を立たせたフロントにしてあります。薄目のヘッドライトに黒のバンパーゴム、ウィンカーなどをイメージしています。ボディのボトムラインはフロントからサイドにかけて黒にして、ネオクラシックなイメージを狙ってみました。黄色のボディカラーに対してホイールはライトニングマックイーンから頂戴した赤の8スポークです。11mm径の1幅ホイールだと純粋な赤はこれしかありません。ボディがストックに近いので、その分足回りのセッティングで見せ場を作るわけですが、タイヤはフェンダーラインぎりぎりまで近づけて少しキャンバーも付けました。ストリートレーサー的な感じだとあまりタイヤは寝かせない方がいいのですが、4幅車はボディの側面が垂直に落ちているので少し角度を付けてタイヤを出すくらいが格好良く決まると思います。

corncrax_3.jpg

 フロントの風防に対して、リアは風防を置かずにパーツでルーフを構成しました。クリップのヒンジで斜めにピラーを取り付け、リアガラスは黒パーツで表現しています。車屋根を使わずにフラットなルーフにしたので、ミニフィグは中で仰向けになっています。テールライトは80年代に多かった左右が一直線につながっているデザインです。左右のライトの間を赤い反射板で埋めるタイプが流行りました。リアバンパーにもバンパーゴムをイメージした黒ラインを入れてあります。

corncrax_4.jpg

 ホイールの取り付けはクリップを使っていますが、普通の向きにするとかなりタイヤの角度を付けないとフェンダーに収まりきらなくなるので、上下反対にして取り付けています。上下反対のパーツは、パーツを挟み込む形で固定しています。その都合でシャーシ面には4x3を埋めるためにミニフィグ台座を使っています。
 4幅車のホイールのセッティングはまだまだ難しいことだらけです。リアルに近づけていくほどに、どうしても現実の車とは形が違ってくるということとの衝突が起きてしまいます。今後はクリップではなく、ちゃんと車軸を使ったセッティングも発達していくでしょうから、私たちの追及は終わることはないでしょう。

関連記事
スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1055-0764688e