Turquoise Line:美しすぎるストリートレーサー - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Turquoise Line:美しすぎるストリートレーサー

turquoiseracer_1.jpg

Builder: Mugen

 チューニングカーが集まったHot Minifig Ridesの立体駐車場から、注目の1台をご紹介します。ダークターコイズのラインが特徴的なこちらのマシンです。



 このビルダーは前年にベストオブショーを獲得したかなりの実力派4幅車ビルダーです。今年は残念ながらトロフィーはありませんでしたが、アワードの選定対象に入るハイレベルな車は多数ありました。カーショーに向けて様々な車にチャレンジしており、こちらはストリートレーサースタイルに仕上げた1台となります。ストリート的な攻撃的なカスタムにトライしつつも、いつも通りの丁寧なビルドがいかんなく発揮されています。

turquoiseracer_2.jpg

 ボディフォルムはオーソドックスなフォルムで、4x6の屋根を使って全体にラインがつながった綺麗な組み方です。最近の流行を取り入れてレールプレートを使ったオーバーフェンダー仕様となっており、タイヤはアウトセットになるだけではなくキャンバー角も付けられてより現代的なカスタムの仕方になっています。サイドステップ部分もレールプレートで幅広になっており、リアフェンダーと三角タイルでつなげられています。ボディサイドには斜めにラインが入れられており、ここにも最近のトレンドであるダークターコイズを取り入れています。ボディにプレートでラインを入れるのは多数の車で取り入れられている手法ですが、横ラインが途中で縦ラインに切り替わるところにビルダーのレベルの高さが見て取れますね。組み合わせられるホイールは今年多くの車が採用していた新型の7スポークです。この車、かなり今年のアワードに焦点を当てた仕様になっているといえるでしょう。フロント部分も地味に見えて新型の丸型タイルを使用したものになっています。グリル部分には黒の1x2丸プレートが使われているようです。

turquoiseracer_3.jpg

 リアウィングのステーにはクリップ付きのアームが使われていますが、クリップが掴んでいるのは上下ともヒンジトップの小さな突起部分です。4幅車では様々なリアウィングの組み方が生み出されてきましたが、これもやり方の一つとして学んでおいた方が良さそうです。
 オーバーハングが比較的短めなテール回りは綺麗に組まれていますが、それゆえにシンプルすぎる印象とも捉えることができます。リア回りはバンパー外しやディフューザーの追加などでいかつい見た目にするのがトレンドなので、きっと来年にはもっと攻撃的なスタイルを見せてくれることでしょう。

turquoiseracer_4.jpg

 1x2車軸を使ってタイヤはしっかり回る仕様です。キャンバーの付け方は、真ん中に挿したT字バーからクリップで接続するやり方が最近定着してきました。新しいビルテクを即座に取り入れてくる手の早さもさすがとしかいいようがありません。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1057-efdb95db