Go Off-Road:オフロードの小さなヒーロー - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Go Off-Road:オフロードの小さなヒーロー

sj30jimny_1.jpg

Suzuki Jimny / Builder: Lime

 日本のオフロードカーの代表選手といえばなんでしょうか。そこにこの小さなオフローダーを挙げる声もきっと大きいに違いありません。



 日本で山遊びといえばこの車、ジムニーでしょう。軽規格というコンパクトなサイズと、頑丈な車体、高い走行性能など非常に評価が高くファンが多い車です。Hot Minifig Ridesにエントリーされたこちらのジムニーは、自身もジムニーを所有しているビルダーが送り出したものです。彼の出身地である北海道では雪道を走るために特にポピュラーな存在であるらしいです。モデルとなるのは80年代に生まれたSJ30型で、角のあるフォルムがレゴで上手く表現されています。

sj30jimny_2.jpg

 スリットプリントのパーツをグリルに見立てたフロントフェイスが特に秀逸です。バンパー部分と一体化して斜めに固定されています。4幅車によく使われる1x2グリルタイルでは横線になってしまいますから、この表情は生み出せなかったでしょう。ヘッドライトはあえてクリアパーツは使わずに、1x1プレートの裏面を見せることで、四角い枠の中にセットされた丸いヘッドライトを表しています。フェンダーはプチスロで傾斜を付けてアーチに見立て、タイヤはスリックにバイクタイヤを重ねた大きなものを履いています。バイクタイヤのトレッド面は凸凹が大きいのでオフロードタイヤ風の表現には向いていますね。ホイールは無骨なイメージに合わせてかペグ穴11mmを選択しています。ジムニーのスクエアなイメージに合わせて、フロントガラスは通常の風防ではなく、ヒンジ付きのあおりガラスを使用しています。

sj30jimny_3.jpg

 昔のジムニーでは一般的だった幌屋根タイプを再現しており、幌部分は黒でボディと区別されています。斜めになったリア部分はヒンジの旧車屋根を使っています。こうして見ると旧ヒンジのパーツは見た目にも無駄な突起がなく、4幅車ビルドにおいては非常に有用なパーツであったことが分かります。テール回りは1x4パネルをひっくり返した特殊な組み方です。テールライト部分の上半分をパネルで隠して、リアバンパー部分の小さなライト類を表現しています。白いバックランプをここまで丁寧に表現すると、かなり実車の再現度が高まります。

sj30jimny_4.jpg

 ひっくり返すと地味ですがマフラーの再現もされていることが分かります。またシャーシ部分はターンテーブルの天板で接続しているようです。このパーツは1プレートよりも薄いので、こうしてパーツの裏から固定する用途によく使われます。上から見ればこのパーツが目立つことはありません。
 ちなみに彼はこのSJ30を皮切りに様々な世代のジムニーを制作されています。またそれらの車はブログで紹介したいと思います。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1059-fb40f7c2