レゴ4幅車全史1979:北米仕様とファビュランド - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

レゴ4幅車全史1979:北米仕様とファビュランド

554-1.jpg


 レゴ4幅車全史、1979年です。街の車はミニフィグが乗れる最新型へと次々と切り替わっていきます。



 ミニフィグの手足が動かせるようになり、レゴタウンのあらゆるセットにこの新型ミニフィグが入るようになりました。この時代、アメリカ版は専用の品番が付いているものが多くあり、ブリックセットでも品番の違いで区別されています。ヨーロッパと全く同じセットも多いですが、中にはアメリカならではの製品もありました。

警察署

381-2.jpg
 新型のミニフィグになってから登場した最初の警察署です。パトカー、バイク、ヘリコプターと、その後の警察署セットでも定番となるアイテムが含まれています。専用のベースプレートはなく、普通のロードプレートを土台にガレージが作られています。4幅パトカーの仕様は前年登場したものと基本的に変わりないですが、なぜかフロントマスクのプリントがなく、のっぺらぼうになっています。ミニフィグを乗せる都合でこの時代の4幅車は基本的にオープントップとなりますが、この車は折りたたんだソフトトップをプレートを積み重ねることで表現しているようです。実際当時の警察では車の上から体を出して交通整理を行うためにオープンのパトカーは多く使われていたようです。またパトカーのドアには"POLICE"のプリントがされるようになりました。

3822pb001.png
BrickLink - Part 3822pb001 _ Lego Door 1 x 3 x 1 Left with 'POLICE' Pattern [Door, Decorated] - BrickLink Reference Catalog
 プリント付きのドアはいくつかリリースされていますが、ポリス仕様は中でも古くから存在し、90年代まで多数のセットに使われたためポピュラーな存在です。

バス

379-1.jpg
 バスも街の交通として定番のテーマです。新しいミニフィグに対応したバスも早速登場しました。バスはさすがに屋根が付いており、風防よりも1ブロック高さを上げてミニフィグを収めています。ピラーは家に使う窓枠を使っています。フロントグリルは基本ブロックにシールを貼る仕様です。

オートサービス

646-1.jpg
 この時代はまだフィグが乗らない車も多かったため、専用シャーシを使用してミニフィグが乗せられる車はちょっと豪華な作りに見えます。しかし仕事用のパネルバンまでオープントップになっているのはさすがに違和感があるように感じられます。後ろがカーゴスペースになっていること以外はごく普通の4幅車ですが、フロントマスクは通常のパターンながらもプリントではなくシールとなっています。この年は車のフロント部分に関して何かしらの方針に悩みがあったように感じられます。

北米版

554-1.jpg
 こちらはアメリカ向けのみにリリースされたエクソン仕様のタンクローリーです。先にシェル仕様で出ていたものの色違いとなります。レゴで使われるガソリンブランドは日本向けも含めて基本的にシェルでしたが、アメリカ向けだけはシェルの製品を売ることができなかったらしく代わりにこうしたエクソン仕様のセットが用意されていました。ちなみにエクソンのロゴは全てシールとなります。

ファビュランド

128-1.jpg
 この年からファンシー色を強めたファビュランド・シリーズが始まりました。森の住人の動物たちは白いタイヤのクラシックな車に乗っています。レゴランドよりも低年齢向けで、6ポッチ幅の一体カーベースで車が作られています。レゴタウンの4幅車とは異なる文化ですが、ウィンドウやフロントグリルのプリントなど、4幅的にも面白いパーツが多数あります。



 ミニフィグが導入されたレゴランドは、タウン、スペース、キャッスルと3方向に明確なジャンル分けをして多数のセットをリリースしていきます。この年はトレインの新製品は登録されていませんが、デュプロ、テクニックなど定番のシリーズが展開を続けています。マキシフィグ、ミニフィグとは異なるファビュランドという第三勢力が生まれた他、実際に子供が身に着けるアクセサリーを作るというコンセプトのスカラが登場し、様々なレゴの可能性を探っている時代でした。マキシフィグを採用するホームメイカーはこの年には3つの新製品がありまだ健在のように見えますが、以降はほとんどセットが出ずにフェードアウトしていきます。
 4幅車に関してはこの年はほとんど変化はありませんでした。車もミニフィグが乗らないものと共存するという、過渡期にあたります。しかし本年に登場したファビュランドでは全ての車がフィグ乗り可能となっており、その流れはレゴタウンにも波及することになるのです。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1060-2fc18ec6