Shakotan in the City:街の中のエモいスタンス - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Shakotan in the City:街の中のエモいスタンス

shakotaninthecity_1.jpg

Builder: かい

 レゴ界隈にまた新たなシャコタンジャンキーが生まれてしまいました。まだホットな彼の車をご紹介します。



 レゴ4幅車は長い年月をかけて進化してきました。昔からレゴをやっている人ならその進化を直に感じ取っていることでしょう。素晴らしい最新のテクニックの数々は、少々のパーツさえあれば誰でも使うことができます。若いビルダーたちがそれらを駆使して次々と己の才能を開花させているのです。

shakotaninthecity_2.jpg

 どこかネオクラシックな風合いを見せるこの車のポイントはサイドに入れられた赤いラインです。車の雰囲気を演出するのは1プレートよりも細い線で描かれているという高密度な組み方です。ブラケットの半プレート分の厚みを利用しています。車を黒と濃灰のツートーンで塗り分ければ、エモーショナルな80年代のテイストを表現できます。フロントマスクも真四角な造形で当時らしさを出しています。

shakotaninthecity_3.jpg

 スクエアな形状のボディに組み合わせられるのは黒のレーサー5スポークホイールで、キャンバーを寝かせたセットです。メッキなしのホイールが渋さを高めてくれます。リアには大きなウィングと太いマフラーが付き、かなりワルな雰囲気です。

shakotaninthecity_4.jpg

 ホイールは片側車軸にセットされているためタイヤの回転が可能です。T字バーをフェンダーに挿してクリップで車軸を傾ける手法はもはや定番ですね。赤いラインを出しているのは1x2+1x4ブラケットで、サイドに3個、そしてリアに1個使われています。リアのブラケットはプレート部分が半端な位置になるためポッチがつながっていませんが、上向きのポッチでしっかり固定されています。フロントには1x2+2x4ブラケットが横向きに埋まっているようですね。ちなみに床を抜いてミニフィグが乗せられるようになっているようです。
 今はネットを通じて次々と新しいアイディアを得ることができます。今さら古い人間と同じ苦労を味わう必要なんてありません。先人の知恵は積極的に利用するべきものです。テクニックを活用し、自分の表現に専念できる時代なのです。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1066-ee363ebc