ドラッグレースLIM/UNLクラス Hot Minifig Rides 2018 - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

ドラッグレースLIM/UNLクラス Hot Minifig Rides 2018

hmr2018_drag_unl_5.jpg


 Hot Minifig Ridesのカーショーの裏で行われる重要な催し、ドラッグレースのリポートをお送りします。今回はLIM/UNLクラスの様子です。



 カーショーイベントならドラッグレースとセットで開催されるのが当然、という考えでずっと行われているレゴのドラッグレースもHMRの定番行事になりました。マシン持ち込みで行われるレースは2つのクラスがあり、プルバックモーターを1個使用するLIMクラスと、駆動方式を指定しないUNLクラスに分かれます。レースはトーナメントで行われます。コースに車を2台並べて同時にスタートさせ、先にゴールラインを超えた方が勝ちとなります。コースを入れ替えてレースを行い、2勝した方がトーナメントを勝ち上がります。

LIMクラス
 細軸のプルバックモーターを1個のみ使用可能なクラスです。

hmr2018_drag_lim_6.jpg
Driver: どみにく
 どみにくさんのマシンはエンシリー車の中でもかなり作り込まれた車でした。しかし作り込みしすぎたせいで、重さが仇となり初戦敗退となりました。

hmr2018_drag_lim_2.jpg
Driver: さくりん
 こちらもカーショークオリティのさくりんさんのホンダCR-Xです。こちらもここまで作り込むと重さがあるためスピードが乗らず、初戦敗退となりました。

hmr2018_drag_lim_4.jpg
Driver: スーパーマメキノコ
 キノコさんのマシンも作品として作り込まれていますが、モデルがカートということで軽さが強みとなりました。初戦はどみにくさん相手に圧勝、準決勝ではLimeさん相手に1レース目を制するものの、2レース目で同点に並ばれ、最後はスタートミスにより敗退となりました。

hmr2018_drag_lim_3.jpg
Driver: kkr
 この辺りから車のシルエットがおかしくなってきます。kkrさんのマシンは前輪をハンドルにしたユニークなデザインの車です。ゴムタイヤを付けるよりも細くて抵抗の少ないホイールにした方がスピードが出せるということみたいです。また軽さも有利に働き、初戦はさくりんさん相手に余裕の勝利、しかし準決勝ではさらに上を行く柴さんのスピードに負けて敗退となりました。

hmr2018_drag_lim_1.jpg
Driver: Lime
 バイオニクル系のパーツで武装したLimeさんのマシンは見た目がかなり速そうです。初戦となる準決勝ではキノコさん相手にゴールに到達できない場面もありましたが、接戦を制しました。しかしモーターの力に問題があったのか、決勝では柴さん相手に最後はスタートミスでの敗退となりました。

hmr2018_drag_lim_5.jpg
Driver: 柴
 こちらが今回のウィナーカーとなります。彼は2016年のIMPクラスウィナーカーをベースに、さらにパーツをそぎ落としたものをLIMクラス用のマシンとして持ち込みしました。見た目の通りほとんどボディがなく、フロントもタイヤではなく球底タイルで抵抗を減らすガチなスピードマシンとなっています。他者を寄せ付けない圧倒的スピードで全てのレースを制して優勝となりました。

hmr2018_drag_lim_7.jpg
 こちらがドラッグレース用のコースとなります。全てのクラスで同じコースを使います。ゴールの先にはマシンを止めるためのタイヤバリアがありますが、マシンによってはこのバリアでも止まらずに吹っ飛んでいきます。

hmr2018_drag_lim_8.jpg
 LIMクラスのトーナメント表です。軽いマシンの方が速くなるのは当然のことなので、車として真っ当に作り込むほどにレースでは不利となっていきます。この辺りのバランスは次回以降調整する必要がありそうです。

UNLクラス
 手押し以外はなんでもありのクラスです。今回も様々な走り方のマシンが登場しました。

hmr2018_drag_unl_4.jpg
Driver: Lime
 Limeさんの今年のマシンはかなりコンパクトな車です。モーターが入っているわけではなく、リアに載せているホイールを、バイオニクルのボールを発射する装置で弾き出すように走ります。車はできるだけ軽く、フロントもホイールのみで抵抗を減らす作戦ですが、発射の勢いが足りずにゴールに到達することができませんでした。初戦はキノコさん相手に敗退となりました。

hmr2018_drag_unl_3.jpg
Driver: シゲ
 カーズのモンスタースクールバスをプルバック化したマシンです。モーターはLIMクラスで使用不可の強力なものを使用しています。タイヤの幅が大きくスタートに支障があり、またモーターが強力すぎてウィリーしてしまう事故もあり、初戦は歯車Kさん相手にスタートのクラッシュで敗退となりました。

hmr2018_drag_unl_1.jpg
hmr2018_drag_unl_6.jpg
Driver: スーパーマメキノコ
 8幅のデコトラにパワーファンクションのモーターを仕込んだ今回最大のマシンです。幅が大きいためスタートもかなりギリギリでしたが、高さもあるためゴールラインのゲートを破壊していました。ドラッグレースで初のリモートコントロールカーですが、受信機の反応が悪くスタートに手間取る場面も見られました。初戦はLimeさんに勝利した後、決勝では歯車Kさんに敗北となりました。

hmr2018_drag_unl_7.jpg
hmr2018_drag_unl_2.jpg
Driver: 歯車K
 テクニックで組んだレール風のマシンは、専用の発射措置に取り付けられてパンチで発射されます。タイヤを駆動する方式ではないのでタイヤは抵抗の少ない細いものとなっており、前輪も1個だけです。まさにスピードだけのためのマシンであり、実際圧倒的な速さで優勝となりました。

hmr2018_drag_unl_5.jpg
 スタートラインにはゲートがあり、バーが上がったらスタートとなります。こちらはLimeさんとキノコさんのスタートの様子です。Limeさんは手にパールゴールドの発射装置を持っているのが見えますね。キノコさんのトラックは8ポッチ幅のためギリギリです。

hmr2018_drag_unl_9.jpg
 UNLクラスのトーナメント表です。今年も面白いマシンが多く見られましたが、サイズの関係でスタートが難しい車もあったので、サイズの規定はあった方がいいかもしれません。

hmr2018_drag_unl_8.jpg
 ゲートをなぎ倒すキノコさんのトラックが面白かったので、レースの後はコースにパトカーを並べてトラックを突っ込ませる遊びを行いました。みなさんやってることのレベルが小学生くらいまで戻ってしまいましたね。とても楽しかったです。


関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1071-f342b1d7