【ブログ】スポーツカーの赤はイタリアンレッド - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
2

【ブログ】スポーツカーの赤はイタリアンレッド

img_1063515_30547374_1.jpg
作者:kei
赤いスポーツカー - keiのブログ - Yahoo!ブログ

白メッシュホイールを用いた先日のプチビルコンで、作者が選んだのは真っ赤なスポーツカーという題材でした。
白いホイールを一層引き立てるボディカラーです。

【LEGO画像掲示板】第1回プチビルコンまとめ




レゴの車といえばやっぱり四角くなりがちです。
特にフィグ乗りとなると、その乗車スペースを確保するために、車体の真ん中に高くて四角い部分を形成しがちです。

鋭く尖ったフロントノーズに、傾斜の緩いウィンドウとピラーというスポーツカーの定番のスタイルを作り出したのがこの作品です。
迷うことなく赤一色で組み上げられたこの作品は、純粋にそのボディスタイルだけで勝負に出た作品として見ることができます。
伸びやかなラインのカーブスロープを使ったボンネットは、誰でもやってみたいと考えるアイディアですが、そのバランス取りは案外と難しかったりします。

この低いボディラインを実現するための割り切りの一つは、フィグを寝かせて乗車させることです。
今回のビルコン作品でもちらほら見かけた方法ですが、それだけ「車を格好よくする」=「屋根を低く!」という意識が4幅車ビルダーの中に強く存在するということでしょう。
実際高価なスポーツカーは寝たような姿勢で乗る車が多いです。

そしてもう一つは車フェンダーを使わないということですね。
車フェンダーを使うと、どうしてもこのようなカーブスロープの配置はできなくなってしまい、フォルムが四角くなってしまいがちです。
また後ろのワイドボディ化の際にも車フェンダーは邪魔になってしまうでしょう。

img_1063515_30547374_3.jpg

スリットを使ったテールライトはフェラーリを強く意識させます。
リアウィンドウの黒スリット処理も同様ですね。
この角度から見ると、前後のトレッドの違いが分かります。
またワイド化に際する半ポッチずらし、ブラケットによるタイル貼り付けなどの技の使用がよく分かります。

作者の作品は他のものもそうですが、色使いが統一されていてとてもクリーンな印象です。
一色でも単調にならないビルドを心がけているように感じられます。

関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

2 Comments

kei says..."有難う御座います"
Tamotsu 様


今回も記載頂きまして有難う御座います。

今回はビルコンとの事で派手な車を作りたいと思いフェラーリ系のスポーツカーをイメージし、色は赤・黄色・黒辺りを狙っていたのですが、結局白ホイールとのバランスの良さから赤で作成しました。
ちなみにブルー系のウインドウを使用したのは初めてです。

車高に関しましては、見た目的にはかなり低いイメージが有りますが、実際は今まで作ってきたモデルに比べておおむねプレート1枚程度しか低くなっていません。

レゴは車高を低くするのが難しいですね。


では
2013.06.06 22:01 | URL | #5hiobRrU [edit]
Tamotsu says..."keiさん"
赤・黄・黒どれもらしい色ですね。
でもずば抜けて印象が強いのはやっぱり赤でしょう。

1プレート分でも高さの違いは大きいと思います。
屋根も裏面に逃げのスペースがあるパーツじゃありませんし、丁度バランスのいい高さだと思います。

フィグ乗りで低くするのは難しいです。
だからこそ奥深いのでしょう。
2013.06.06 23:46 | URL | #dNm2mw72 [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/108-f9c1fbb8