Harakiri:チューニングカーのワイドボディのススメ - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Harakiri:チューニングカーのワイドボディのススメ

harakiri_1.jpg

Harakiri

 4幅チューナーたちの今のトレンドはワイドボディです。4幅車のテイストを残しつつ、ボディを幅広に見せるやり方をご紹介します。



 こんなブログをやっているので、常にトレンドには注意するようにしています。昔の4幅チューナーであればサイドエアロ部分だけを幅広にする作りが主流でしたが、現在ではタイヤをツラ出しした分フェンダーも広くするのが当たり前になりました。多くの4幅車ビルダーがオフセットの要素を理解し、自分の車を格好良くするために意識するようになったのです。
 ワイドに見せるには、ボディの幅を広く作ることです。というと当たり前のことですが、ここに「4幅車のテイストを残すこと」という課題を付け加えると話は変わってきます。ワイドにしたければ5幅でも6幅でも広げていけばいいわけですが、それが単なる「6幅の普通の車」に見えてしまったらいけません。オフセットを出しても、フェンダーを広げても、車が4幅車たりえるようにバランスを整える必要があります。

harakiri_2.jpg

 部分的に幅を広げてもきちんと4幅車に見せるにはいくつかのポイントがあります。それはオーバーフェンダー化する前の姿がデザインの中に残っていることです。この車でいえばルーフ、ドア、そしてフロントマスクなどは4幅のままにしてあります。車を作るにはスケール感が重要です。ボディをワイドにすることでイカつく、格好良くするには、ノーマルの4幅から5幅に広げていることが見た目で伝わるようにする必要があります。今回はレゴカーズから拝借したシールをサイドに使うために、色は赤と白にしました。ボディスタイルとカラーリングの2方向から、ド派手なカスタムになるように攻めています。

harakiri_3.jpg

 フェンダーはフロントはレールプレートで幅を出し、リアはジャンパーで半ポッチ出しています。リアフェンダーにつながるサイドステップもレールプレートです。リア回りはバンパーをなくしてディフューザーを取り付け、また下からステーを伸ばして6幅の大きなウィングを取り付けました。ホイールは11mm深リムでワイドな感じにしています。タイヤはスリックをホイールの外側に履かせました。

harakiri_5.jpg

 内装は赤いシートに、ロールケージも入れてあります。フロントガラスにもレゴカーズのステッカーを貼り、スタンスというよりも走りを重視したチューナーカーをイメージしました。特にシールがいい味を出してくれました。ただ貼り付ける場所に合わせてカットしているのですが、セットのシールを使っているので合法ビルドだと思います。

harakiri_4.jpg

 車軸は普通の2x2を使っており、床も抜かずにミニフィグが乗っています。こういったチューニング系のカスタムは定期的に作り続けていきたいですね。
 ワイドボディ化は4幅車を格好良くするためにはかなり効果的な手段です。ぜひともあなたのアグレッシブなカスタムで4幅車ビルドを盛り上げてほしいと思います。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1081-4935f14b