Undercurved:クラシックレーサーの曲面美 - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Undercurved:クラシックレーサーの曲面美

undercurved_1.jpg

Builder: ナタデココ

 皆さんすでにご存じの通り、4幅車でも特定の「雰囲気」を出すことは可能です。珍しいパーツは必要ありません。



 60年代のシンプルなレーサーを上手く表した素晴らしい1台です。彼の取り組みは特定のモデルを再現することではなく、各部にその時代のイメージを持たせることで一つの架空のクラシックレーサーを作り上げています。この車には特に名前は提示されていませんが、フォード・エスコートやアルファロメオ・ジュリアなど、レースで活躍したその時代の名車たちが思い浮かんできました。各部を見ていきながら、その雰囲気出しの秘訣に迫りましょう。

undercurved_2.jpg

 全体の雰囲気を変える上で一番大きな影響を放っているのが、ボディの裾の丸みでしょう。4幅車のほとんどはボディ側面は垂直に切り立っているものですが、そうするとフォルムはむしろ現代的になってしまいます。古い年代の車に見せるために、ボディ下に回り込むカーブが使われています。ボンネットもゆるやかにカーブさせた上で、フロントフェイスも年代を感じさせるものです。ボンネットの先端よりも奥まったグリルと、丸型のライトはクリアではなくあえてシルバーで落ち着いた雰囲気です。タイヤは8mm径の小さなワイドホイールにスリックタイヤで、レーシングカーらしいしっかりとした足回りになっています。低すぎない車高と、フロントもスポイラーが付いていないのが時代を感じさせます。70年代に突入すると、ダウンフォースの考えが導入されてスポイラーが付くようになりますから、この車はそれより前の時代のスタイルということです。

undercurved_3.jpg

 シンプルで無骨なテール回りもむしろイケメンです。こちら側にのみ貼られたカーナンバーはシールですが、どうやら昔のサッカーのミニフィグ用の背番号シールを転用しているようです。また黄色と白の2色の塗り分けも、シンプルさがかえって当時っぽさ担っていると思います。

undercurved_4.jpg

 カーブパーツは昔から存在するお馴染みのパーツですが、プレートが飛び出しているので床はちょっと高くなってしまいますね。ミニフィグもかなり寝かせて乗せています。車軸も一緒に上下反転しています。
 4幅車はサイズが小さいだけに、やれることはどうしても限られてしまいますが、まだまだ可能性はいくらでも残されています。シンプルな発想が車をガラッと変えることもあります。私もまずはこの車を真似してみるところから始めて見ようと思います。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1084-ed476e72