Trick Line:70年代ミニトラックのエモいライン - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Trick Line:70年代ミニトラックのエモいライン

trickline_1.jpg

Trick Line

 定番のトラックジャンルで、今までに作ってこなかったものにトライしたくなりました。



 トラックとはシンプルなようでいて実に様々なスタイルがあり、見ていて飽きることがありません。今のトラッキンもなかなかにアツいですが、今回は70年代あたりにフォーカスしてみました。トラックの中でミニトラックといえば日本車ですね。ワイルドスピードが流行るよりもはるか前から、アメリカでは小さなトラックのカスタム文化が生まれていました。そしてそれは日本で手軽にベースを入手し、アメリカを表現できるジャンルとなったのです。

trickline_2.jpg

 70年代のトラックの改造は今の流行とは結構違いがあります。まず私はボディに当時風のストライプを入れることにしました。プレートによる色分けなどを模索した結果、私が見つけたのはスピードチャンピオンズのポルシェ911のシールでした。最新のレーシングカーのシールを転用し、70年代な模様としてこの車に取り入れることにしました。車高はべったりとは下げず、太いリアタイヤでヒップアップにしたホットロッド的なスタイルにしました。正面からの見た目はチンスポイラーで低く見せ、サイドにはステップを装着しています。ボンネットからはチューニングしたエンジンを露出させ、ルーフはTバーになっています。

trickline_3.jpg

 マフラーはリアから2本出しです。今のようにシャコタンが流行る前の時代では、どんなカスタムもホットロッドからの流れが感じられます。この車はタイヤとフェンダーの隙間はある程度取りたかったので、ワイド車軸で普通にホイールを取り付けています。ハミタイにするのが70年代風です。

trickline_4.jpg

 シェルは取り外し可能です。70年代はキャンパーシェルまで派手なペイントでカスタムした車がたくさんいました。当時はバニングカスタムも流行っており、バニング的なカスタム手法がトラックにも用いられていました。
 今回はストリート志向で控えめなカスタムにしてみましたが、次はもっと派手なものにトライしてみたいですね。70年代スタイルはまだまだ色々やりたいです。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1085-d74c6e80