Masked Attitude:さすらいのホットロッダー - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Masked Attitude:さすらいのホットロッダー

maskedattitude_1.jpg

Builder: Dopplers

 今日のホットロッドはラットな雰囲気です。ポッチだらけのレゴの砂漠に現れたさすらいのホットロッダーの作品です。



 この車は去年のレールプレートをテーマにした4幅車ビルコンにエントリーしていたものです。このビルダーは去年のジャパンブリックフェストでは個人の展示場所を持っていましたが、今年は家族と共にお客さんとしてJBFの私たちのテーブルにやってきました。そこで見せてもらったのが、ビルコンでエントリーしてもらったこの車です。せっかくの機会であったため、アメリカンなトラックとパトカーを背景にして撮影させていただきました。ビルコンでは2位の得票だったこの車、私もかなり格好いいと思っていたので素晴らしいシチュエーションで写真に収めることができて収穫でした。

maskedattitude_2.jpg

 よく見るとヘッドライトの作りなど、ビルコンの時から変更が加えられています。しかし剣道のお面をフロントグリルにした特徴的な構成はそのままでした。クラシックカー、またはそれをベースにしたホットロッドを作る際、フロントグリルの表現は悩ましい問題です。レーサーズのホットロッド用グリルパーツを使うか、スリットタイルを配置するか、それとも第3の手段を考えるか……このパーツの配置には誰もが感心したと思います。1x2スリットタイルなんかよりも曲線が美しく、表情が豊かになります。グリルより後方に配置されたヘッドライト、エンジン上の丸いエアクリーナー、ストレッチされたフロントなど、クールなホットロッドのフロントセクション作りには確かな知識とセンスが感じられます。フロントホイールはT字バーが刺さっていますが、本来ならば固定できずにホイールが落下してしまうところです。この車では接着剤のようなもので外れないように固定しているようですね。

maskedattitude_3.jpg

 左右で色の違うボディは非常にラフではありますが、実車のラットなイメージの再現のようにも見えてきます。屋根は旧車屋根が使われており、サンルーフが開いているためミニフィグの頭が出ても屋根を閉じることができます。後ろからのアングルだと、車高セッティングのバランスの良さもよく分かります。リアタイヤも低くした今風のローボーイですが、わずかにフロントに向かって車高が下がっています。リアトランク部分を3幅にしているのは、私が作ったホットロッドを参考にしてのことだと言っていました。しっかり4幅の世界観に沿ったサイズになっていると思います。
 当日は車やレゴのことについてあれこれとお話させていただきました。実はお互いに空冷VW乗りであることが分かったりして、年式を追及したりしてしまいました。そして今年のホットロッドカスタムショーにもエントリーしたいということや、その先の野望などもお話ししました。私たちがレゴで作るホットロッドも、世に認めてもらえるように行動を続けていきたいですね。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1087-ac0a201e