Black & White:70年代パトカーの高密度ビルド - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Black & White:70年代パトカーの高密度ビルド

blackandwhite_1.jpg

Builder: ナタデココ

 今回ご紹介するのはパトカーです。4幅車でパトカーは最もメジャーなジャンルの車といってもいいでしょう。



 本ブログでパトカーを取り上げることは案外少ないですが、定番のテーマなだけに今年のHot Minifig Ridesでは黒と白のパンダカラーのパトカーがずらりと並びました。パトカーは何度も製品として登場してきた車ですが、私たちが作るパトカーは製品版とは比べ物にならないくらい高密度な作品になっています。例えばこの70年代風のアメリカンパトカーなどは、4幅の中に雰囲気を凝縮した素晴らしい作例です。

blackandwhite_2.jpg

 この車はシャコタンでもカスタムでもないですが、当時のパトカーが持つ雰囲気は抜群に格好いいと思います。70年代のアメ車に見せるポイントは、丸いライトやグレーのバンパーなどもありますが、一番のポイントはボディサイドをカーブで覆う組み方です。マッスルカーを作る際の手法として確立されていたテクをセダンにも転用しているというわけです。またこの車を4ドアセダンに見せるための色分けも素晴らしいですね。実際にはミニフィグ一人乗りですが、パトカーの雰囲気はバッチリです。また細かい点ではフロントグリルの奥に黒プレートを入れている点も密度アップに効果的です。バンパーのレールプレートが上下反転しているのは、おそらくこのグリルを作り出すためだと思いますが、表情がかなり引き締まっています。

blackandwhite_3.jpg

 丸いパトライトは台座部分にフラットシルバーのパーツを使用しています。ホイールも同様にフラットシルバーでハブキャップ風にしていますね。ナロータイヤという選択もストック風のテイストをよく表しています。リアフェンダーのタイルは半プレート分上にずらしてあり、直線的なラインの中にもマッスル的な力強さが感じられるものになっています。プチスロを駆使して斜めのラインを作り出すリアピラーも70年代風のフォルムです。

blackandwhite_4.jpg

 裏面に上向きのブラケットが並んでおり、ボディサイドを固定しています。真ん中に穴が開いているのはミニフィグを収めるためですね。車屋根を使っていないですから、こうしないとミニフィグが収まらないはずです。丸ポッチのホイールはハーフペグでペグ穴付き2x2プレートに挿しています。
 次回のHMRではパトカーも評価できるアワードを追加しようかと考えています。これからもパトカービルドは盛り上がっていきそうですね。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1090-1a3ace2d