Hellcat:ライムグリーンのモダンマッスル - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Hellcat:ライムグリーンのモダンマッスル

hellcat_1.jpg

Dodge Challenger SRT Hellcat / Builder: emoLego

 70年代の力強いアメ車を象徴したマッスルカーは、最新の形で蘇りかつての権威を復活させています。4幅になってもそのパワフルさは健在です。



 アメリカではすでにフォード・マスタングが70年代風のデザインをリバイバルし、成功を収めていました。それに続いてクライスラーも2005年にダッジ・チャージャーを最新モデルとして復活させました。チャージャーで手応えを得たクライスラーは2008年に、さらにスポーティなパッケージでチャレンジャーを復活させます。2ドアクーペのチャレンジャーはフォード・マスタング、またはシボレー・カマロに対抗するに相応しい車となったのです。

hellcat_2.jpg

 グリーンのボディはハイスペックモデルのSRTヘルキャットをモデルにしたものです。鮮やかなライムグリーンは、マッスルカーにピッタリの色合いです。カーベースとシティフェンダーを用いたオーソドックスなスタイルはこのビルダーの得意なスタイルです。フェンダーはショートタイプで、よりワイルドにタイヤが露出しています。ホイールは通常の11mm4スポークワイドではなく、14mmのダブル6スポークを選択し、モダンなイメージとなっています。ボンネットはブラックになり、ヘッドライトには黒のローラースケートが使われています。4幅車ではライトに双眼鏡を使う手法も多く使われていますが、ローラースケートの方が突起が少なくすっきりと収まりますね。バンパー部分はモダンマッスルらしいボディの肉厚さが感じられます。

hellcat_3.jpg

 ブラックのリアスポイラーに、太いマフラーでワイルドなルックスはばっちり再現されています。ホイールをはじめとして、各所のブラック化された部分がボディカラーときれいなコントラストを成して全体が引き締まっていますね。傾斜の緩い風防もモダンな車に見せています。もちろんミニフィグは余裕の搭乗ができます。レゴシティの世界観にクールなマッスルカーを溶け込ませた申し分のない1台です。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1092-161c8b20