磯子フェスティバル2018 Minifig Rides カオス! - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

磯子フェスティバル2018 Minifig Rides カオス!

isogo2018_1.jpg


 10月21日は磯子フェスティバルでのレゴ展示がありました。前年よりもパワーアップしたカーショーの様子をご紹介します。



 磯子センターで開催される磯子フェスティバルでは、IGUさんが中心となってレゴの展示を行っています。私もこのイベントに参加するのが恒例となっています。ちょうどポルシェが仕様変更のためにショップに入っているので、この日は私の3番目の車であるビートルのカブリオレで向かいました。高速での長距離走行は初めてでしたが、なんら問題なく目的に到着できました。ヒーターもよく効きますし隙間風などもありませんし、78年と高年式なだけあって非常に完成度の高い車です。
 この日は私の他に玄米さん(元・抹茶さん)、シゲさん、ぽん太さんと4WLC-UGのメンバーに参加していただき、Minifig Ridesも盛りだくさんな内容になりました。

isogo2018_4191.jpg
 こちらが今回の展示卓の全景です。例年通りに卓球台2個をつなげて、トレインと同居させました。今年はミリタリー系がいなかったので、4幅車用のスペースはかなり拡大しました。その分皆さんにはたくさん車を持ってきてもらったのですが、御覧の通りにかなりぎゅうぎゅう詰めになってしまいました。こちら側には玄米さんの弟さんが製作したというお城が置かれ、その周りに車を並べました。

isogo2018_4196.jpg
 駐車場の線を無視して車を並べるのはいつも通りですが、今回はもっと乱雑な配置にしてみました。海外のRaceizmやXS Car Nightのイベントのような雑多な並べ方にトライしました。

isogo2018_4197.jpg
 船も玄米さんが持参した作品です。車以外の置物も充実して、非常に見ごたえのある展示になったと思います。

isogo2018_4198.jpg
 今回はルマンのピットを置きました。今回はお客さんを満席にして、ホームストレートも入れ、レースらしい雰囲気が出せました。ピットの出入り口が急カーブなのが気になりますがご愛嬌ということで。

isogo2018_4200.jpg
 4WLC関連のロゴを紙に印刷してスポンサーマークとして貼りました。ピットにはツイッタークイーンを獲ったぽん太さんのアルピーヌがいます。

isogo2018_4201.jpg
 観客席にはミニフィグを座らせました。このピット自体がかなり設営に手間取るブツなのですが、見た目の効果はそれなりにあったと思います。

isogo2018_4236.jpg
 ピット裏にもレーシングカーが並んでいます。裏側はどうしても隠れてしまうので、展示の仕方はもう少し考えた方が良いですね。

isogo2018_4202.jpg
 玄米さんのモンスタートラックが奥に見えます。今回は大きなトラック系の車がたくさん集まりました。

isogo2018_4204.jpg
 こちらは私が最近製作しているプルバックモーター付きのモンスタートラック2台が見えます。来年のHMRでの競技化を考えています。真ん中はてりやきさんのトラックです。

isogo2018_4205.jpg
 今回集まったヨンダブメンバーのシグカーとシグフィグです。左から私、玄米さん、シゲさん、ぽん太さんです。

isogo2018_4263.jpg
 シゲさんのマゼンタのレーサーは、マイナーな色でもクールに仕上げています。1/4円タイルのエアロへの使い方が上手いですね。マゼンタは車屋根がまだ出ていないのが痛いですね。

isogo2018_4264.jpg
 私がナタデココさんの車を真似して作ってみたヨーロッパ風の旧車です。イチゴ柄のホイールでシャコタンにしてみました。

isogo2018_4265.jpg
 こちらも最近私が作ったパネルバン系の車です。オーストラリアのバンカスタムなどを参考に、ワンボックスではなくボンネットがあるタイプのバンを作っています。70年代回帰がテーマです。

isogo2018_4266.jpg
 こちらはシゲさん作のバンとなります。またユニキティの顔を使ったユニキティライドでもあります。鮮やかな色合いがきれいです。

isogo2018_4267.jpg
 こちらはシゲさんが得意なダータコランナーです。新しくリリースされたダークターコイズのパーツを早速投入しています。サイドの迷彩模様やルーフに載せたキックボードなど、ファッション的に素晴らしい1台です。

isogo2018_4269.jpg
 レアカラーが好きなシゲさんが製作したサンドグリーンのホットロッドです。今年のHMRに出していたものよりもすっきりとまとまって格好良くなりました。

isogo2018_4273.jpg
 こちらは玄米さんのホットロッドです。エンジンやマフラーなどメッキパーツが投入され、かなりインパクトのある車です。エンジン部分は専用造形の水道蛇口のメッキ版を使っています。

isogo2018_4274.jpg
 こちらはぽん太さんのラリーカーです。特にモデルはないようですが、その雰囲気は非常に素晴らしいマシンです。テールゲートが開いたりとこだわりのある1台です。

isogo2018_4280.jpg
 こちらもビンテージユーロテイストを目指して作ってみた私の車です。ボディサイドをスロープで丸めるのがポイントです。

isogo2018_4281.jpg
 こちらはシゲさんの水色のレーサーです。彼とパーツの話になると、必ず水色の種類が多すぎるという話題になります。こちらはミディアムブルーです。アズール系水色の登場によって最近はリリースが減っている色ですね。

isogo2018_4282.jpg
 上から見た眺めはまさにカオスです。これだけの台数があるならもっと駐車場を広げてやりたいですね。

isogo2018_4284.jpg
 シゲさんのオフロードバギーは、コンパクトで雰囲気のある1台です。リアのエンジンにはプリント付きのパーツが使われています。

isogo2018_4293.jpg
 私のシャコタン車3台です。久しぶりにチュートリアル動画を作ろうと思い、いくらか撮影も行いました。

isogo2018_4294.jpg
 玄米さんのカブリオです。ヒンジでルーフの開閉が可能です。またパールゴールドのダブル6スポークはレアなパーツで、4幅車ビルダーたちの目を惹くことは間違いないでしょう。

isogo2018_4295.jpg
 こちらは玄米さんが得意なガルウィングの車です。この開き方をさせるためにフロントガラスには2ポッチ幅の風防を使っています。

isogo2018_4316.jpg
 玄米さんのモンスタートラックは今回集まった車の中でも一番の大きさでした。ぽん太さんのジオラマとコラボしてワイルドな姿勢で展示されていました。

isogo2018_4343.jpg
 一体型のジュニアカーズベースを使った車です。赤と黒の塗り分けがハチマルな雰囲気にも見えますね。一体型ベースを使っているとは思えない1台です。

isogo2018_4356.jpg
 玄米さんのフレイムス入りスポーツカーはサスペンション付きです。赤い車軸が実は90年代のオフロード用スプリング付き車軸になっています。こうした低い車への使用は珍しいです。

isogo2018_4286.jpg
 道路まで4幅車でいっぱいになりました。フレッシュな車や発見がたくさんあり、実りのある集まりになりましたね。この後はみんなで恒例のサイゼリヤに行って打ち上げになりました。私はその後さらにムーンカフェに行って、ポルシェにぶら下げるためのファジーダイスを買いました。帰りもカブリオレは快調で、下道も高速もとても快適でした。
 進化し続ける4幅車と私たちのショーにこれからもご注目ください。

関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1093-758dcb43