Street Ride:ストリートのダータコランナー - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Street Ride:ストリートのダータコランナー

turquoisestreet_1.jpg

Builder: シゲ

 レゴにはたくさんの色があります。中でもみんなに人気があるのがダークターコイズという色です。



 私の周りのレゴラーや4幅車ビルダーの間でよく話のタネになるのがダークターコイズという色です。この色だけもてはやされるのも不思議なものですが、ネーミングの響きの良さや、他の色とは異なる青緑系の色合い、そして最近までリリースが止まっていたレアな色であることなど様々な要因がそこにあると思われます。しかし今年はそんなダークターコイズが製品として復活した年です。すでに様々な新パーツがダークターコイズでリリースされています。ダータコを愛してやまない1人のビルダーの車からその魅力をチェックしてみましょう。

turquoisestreet_2.jpg

 新規にリリースされたパーツが多数投入されています。リアのオーバーフェンダーには円コーナータイルが使用されています。マカロニブロックのタイル版といえるこのタイル、コーナーの内側はタイヤにピッタリフィットする円を描いています。ボディサイドにはユニキティに入っている迷彩模様のプリントパーツがアクセントとして入れられています。セットに1個しか入っていないパーツですが、もちろん両サイドに入れられています。ルーフキャリアにはこちらも出たばかりのキックスクーターが載っています。ボディカラーとコーディネートされたアイテムのチョイスで、ストリート的なオシャレさが感じられます。ハンドルの色もホイールと合わせた赤になっています。なお、スクーターに組み合わせられているダークターコイズのドロイドアームは昔のライフオンマーズのセットから取られています。

turquoisestreet_3.jpg

 ディフューザーには旧タイプの角ありパネルが使われています。奥には45度スロープの終端トップが見えますね。リアウィングには両端にユニキティの垂れ耳が使われています。新旧パーツを組み合わせたビルド内容で、ビルダーの年季を感じさせます。

turquoisestreet_4.jpg

 ワイド車軸をひっくり返しています。この調整によりタイヤはフェンダーに近づき、エアロが地面を擦る車高になっています。ボディサイドに出しているダークターコイズのヘッドライトブロックの固定方法が非常に手が込んでいますね。横から見るとマフラーのように見えますね。
 最近の4幅車では珍しいくらいの、ストリートカーらしいカスタムでした。チューニングと遊び道具の組み合わせが、マジっぽさよりも遊びを感じさせて良い雰囲気だと思います。そしてダータコランナーの今後の発展にも期待です。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1095-495169af