Wearing Bright Yellow:雪の女王から作られた輝くパネルバン - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Wearing Bright Yellow:雪の女王から作られた輝くパネルバン

wearingbrightyellow_1.jpg

Builder: 歯車K

 新しい色はいつも私たちの中で話題になります。新しい色が増えることは新しい可能性が増えること、私たちは常に新しい色に注目しています。



 栃木レゴオフでお目見えしたのが珍色の4幅車です。ブライトイエローが登場したのはブリックリンクによると2003年です。新色の中ではそれほど真新しい登場ではありませんが、セットに使われることが稀な色であるため、4幅車ビルドとしてはほとんど「使えない」色でした。改めて収録セットを確認してみると、元々はベルビルとデュプロで多用されていた色であり、通常のレゴのシリーズセットに収録されるようになったのは実質的に2009年から、そして2012年からはフレンズに使われるようになり、ようやくパーツ種類が少しずつ増えていきました。とはいえ、世間一般のレゴビルダーのストレージにブライトイエローが潤沢に揃っているとは到底思えません。
 今回の車に使われているパーツのほとんどはブリックヘッズのエルサ(ディズニー)から取られているとのことです。

wearingbrightyellow_2.jpg

 最近ツイッターでにわかに流行りのバンスタイルの車です。ブライトイエローにフェンダーや屋根はもちろんありません。少々のプレートとタイル、そしてカーブスロープなど限られたパーツだけで構成されていますが、しっかり作品として成り立つものに仕上がっています。ボンネットやルーフなどは2x4のカーブスロープが使われ、丸いヘッドライトとウィンカーで東欧風の雰囲気です。また広い面積を埋めるためのパーツがなかったために、サイドパネルはダークアズールと組み合わせてダイヤ模様の飾りが作られました。1x1の1/4円タイルが非常に多かったための活用方法です。

wearingbrightyellow_3.jpg

 屋根とリアもカーブスロープで埋められています。テール回りはブラケットを使用して上下逆組みされています。逆様になっているのは少ないパーツでの組み方の都合であって、それ自体に意味はないと思われます。またブライトイエローのブラケットは4幅車ビルダー待望の1x1タイプです。ここではそれを活かす組み方はされていませんが、注目のパーツではあります。

wearingbrightyellow_4.jpg

 裏面はタイルで平らになっています。また前後バンパーの裏側を見ると、1/4円タイルが過剰にストックされている状態であることが分かります。通常の1x2タイルの方が貴重なようです。赤の丸ポッチホイールは後輪のみが金属車軸の旧ホイールを使っています。フロントは普通の丸ポッチプレートにハーフペグをつなげてホイールにしています。リアの車軸は上下逆に取り付けられており、このセッティングで若干のフロント下がりの姿勢になっているようです。
 エルサ2箱分のパーツを駆使した1台とのことで、また該当のセットには貴重なライトアクアも多数入っているため4幅車ビルダーにオススメしたいセットとなっています。ブリックヘッズの他のセットも貴重な色のパーツが入ることが多く、私たちにとっては目が離せないシリーズですね。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1104-d5cc7d5d