Do You Copy:ポルシェ912パトカー応答せよ - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Do You Copy:ポルシェ912パトカー応答せよ

porsche912police_1.jpg

Porsche 912 Police / Builder: 関山

 多くの失われてしまったものが車の世界にはあります。そんな歴史的なマシンでも、レゴの世界でなら蘇ることができます。



 ポルシェに912という車があったことなど、おそらくほとんどの人は忘れてしまっていることでしょう。今やスポーツカーの代名詞となったポルシェ911は、60年代にまだ未熟さを残した表情でデビューしました。ポルシェの最高のスポーツモデルとして生み出された911は非常に高価になってしまったため、エントリーモデルとして廉価版モデルが作られることになりました。それが、エンジンを旧式のフラット4に載せ替えた912という車です。ポルシェのパトカー仕様はドイツをはじめとして各国で採用されていますが、日本でも複数の912が実運用のパトカーとして導入されたことはマニアの間では有名な話です。フラット6を搭載するトップモデルの911よりもパワー面では劣るものの、外観を丸ごと譲り受けている912でも見た目による威圧効果は十分にあったと思われます。

porsche912police_2.jpg

 ホイールベース6ポッチという昨今の4幅車ビルドとしては非常にコンパクトなサイズの中でまとめられているのが驚きです。フロントフードはカーブスロープが置かれ、丸いヘッドライトはペグ穴付きプレートの丸みを利用しています。バンパーは丸クリップを使い、あえて左右のラインのつながりは無視したパーツ配置となっています。しかし、主張しすぎないナロー時代のバンパーをよく表しています。バンパー下にはクリアオレンジのウィンカーが付きます。本来ウィンカーはバンパーのラインよりも上に来るのが正しいディテールですが、これは完全にハッタリのディテールです。しかし雰囲気はバッチリで、必ずしも正しい表現が正解ではないということを教えてくれます。サイドのパールゴールドの挿し色は、日本パトカー仕様のみサイドに配置されたポルシェマークを表しているようです。

porsche912police_3.jpg

 ミニフィグを収めた上で、ルーフのラインを綺麗に下ろしてくるのは難しい業です。車屋根は前後逆向きに付けられて上で、カーブスロープとプチスロわ使ってテールまで傾斜が作られています。スロープの組み合わせでラインには段々が付いてしまっていますが、中央のリアウィンドウとエンジンフードまでが、綺麗な斜めの傾斜になっているため、全体として見ると非常に美しい形になっています。低い位置に配置された小さなテールライトもナロー911の雰囲気がよく出ています。黒白のカラーリングを表現するために、ドアには白いテープを貼るプチ違法テクニックが使われていますが、それ以上に素晴らしいモデルです。運転席側のサイドにはサイレンが取り付けられ、屋根には丸型の赤色灯が付きます。赤色灯はルーフの片側に寄っています。ジャンパープレートで2ポッチの中央に配置することもできたはずですが、それをあえてやらないのは美しくないからでしょう。
 トミカでモデル化されたことあり再度注目を集めた912のパトカーですが、実は該当の車両はどこぞで守られているという話があります。なんにせよ歴史的に貴重な車が失われずに残っているのは嬉しいことです。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1106-20c4f705