Van Adventure:日常から冒険に飛び出す軽バン - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Van Adventure:日常から冒険に飛び出す軽バン

vanadventure_1.jpg

Builder: たけのこ

 最近、4幅車界隈で盛んに作られているのがバンというジャンルです。様々な可能性を秘めるバンという形の新しいスタイルがまたここに一つ生まれました。



 いまどき、国産のミニバンを除いてバンという形がもてはやされることは少ないです。それでも多くの4幅車ビルダーがバンに取り組んでいるのは、ボディがシンプルで大きく、色々と「やりよう」がある形だからだと思います。背の低いスポーツカーを作ろうとすると、本当なら取り入れたい様々なディテールやギミックを犠牲にしなければなりません。バンならばレゴで作りやすいワンボックスボディの中に、プラスアルファのものを仕込むことが容易になります。
 この車はビルダーがシリーズ作として作っている軽トラックおよび軽バンのバリエーションとして登場しました。軽バンというと白ボディ、そして仕事用の車というイメージが強いですが、この車はなんだかカラフルで楽しげです。

vanadventure_2.jpg

 軽という設定上、ボディは4幅ワンボックスとしてもコンパクトです。車の雰囲気を変えているのは黄色というボディカラーと、大きなタイヤでリフトアップしていることでしょう。悪路でも走破して遊びに行けそうな雰囲気です。ルーフキャリアもアクティブなイメージを持たせてくれます。ボディのこちら側はスライドドアなしで、側面はスモークのパネルを横向きにして窓を埋めています。愛嬌のあるフロントフェイスは、ダークグレーの垂れポッチを黄色のブラケットに取り付けることで表されています。垂れポッチによってポッチが下向きになるので、バンパー部分は上下逆組みになっています。

vanadventure_3.jpg

 反対側はスライドドア付きです。当然のことながら国内右ハンドル仕様を想定した配置になっていますね。リアウィンドウはクリアパーツを使わずに、黒の2x4タイルを置いています。この車の場合、開閉式のスライドドアを取り入れた上で、ボディ4面がぴったり収まるように作られているのが気持ちいいですね。

vanadventure_4.jpg

 ギミックが見えるように屋根を取り外してみました。スライドドアの開閉がこの車の見所です。ドロイドアームを使ったスライドドア機構は、多くの先人たちから学び取ったアイディアです。サイドのスライドレールもただの見かけではなくしっかり機能を果たします。また、アームのダークターコイズをはじめとして、カラフルな色使いが車を華やかにしています。軽バンに本来つきまとう日常のイメージは完全に消え去っていますね。この車でなら今すぐにでも冒険に飛び出したくなります。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1117-39ffef1f