Cloud Cuckoo Car:夢とファンタジーのユニキティライド - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Cloud Cuckoo Car:夢とファンタジーのユニキティライド

cloudcuckoocar_1.jpg

Builder: シゲ

 レゴの世界は理想の世界です。ここでは自分の好きなものはなんでも形にできます。現実には存在しない車でも、想像から生み出すことができるのです。



 先月に開催したユニキティのビルコン企画では、様々なユニキティの車を見ることができました。この車もそのビルコンにエントリーした1台です。ビルコンの投票開始よりも一足先に磯子フェスの展示でお披露目されたので、そこで撮影することができました。ユニキティの顔を使うことを条件としたビルコンでしたので、多くの人が車そのものをユニキティにしていました。その中でこの車のアイディアは驚くものでした。ユニキティではなく、ユニキティの住む世界の方を表現していたのです。

cloudcuckoocar_2.jpg

 ユニキティが住んでいるのは雲とカッコーの国、つまり理想の国です。雲とカッコーの国というのは英語の慣用句で、非現実的なものやファンタジーなもののことを指します。この車は全体を白色にして、雲のイメージを表しています。その中に組み込まれているのは虹と、ユニキティの体そのものです。今回のビルコンの中でまさか体全体を車に取り入れるビルダーが現れるとは予想外でした。しかもボディに埋まっているのも驚きです。ユニキティの足となる1x3アーチブロックの隙間には1x1半円のタイルがピッタリと収まっています。フロントにはユニキティのツノがオーナメントとして取り付けられ、グリルやヘッドライトもユニキティの色にコーディネートされています。

cloudcuckoocar_3.jpg

 ユニキティは両サイドに、そして尻尾もしっかり付いています。背面を埋めるのは、雲の形をしたユニキティ用のミニフィグ台座です。ファンシーなだけではなく、グレーのワイドスリックでマッスルな感じにセットされた足回りが格好いいですね。ファンタジーなイメージを取り込んだ素晴らしいカスタムです。
 先ほどの慣用句のように、空想の世界は常に雲のイメージで表現されてきました。車は地面を走るものなので雲の上とは程遠いですが、レゴで作るのならばファンタジーであってなんら問題はありません。レゴの車が現実のカスタムを飛び越えるチャンスもこの辺りにあると思います。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1124-4c8b1cf3