Truck on Tracks:履帯付きハイリフトトラック - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Truck on Tracks:履帯付きハイリフトトラック

mightyrhino_1.jpg

Mighty Rhino

 車に付いているのがタイヤとは限りません。それ以外のもので走る車もあります。それがトラック(Track)と呼ばれるものです。



 積雪地向けなどの履帯付き車両は大昔からあり、今でもトラック用などで需要があるようです。私がカーショー向けのハイリフトトラックを作る上で一度やりたいと思っていたのがこのトラックス付きの車でした。普通のタイヤとは異なる厳つい見た目が魅力です。以前から作りたいという構想だけはありましたが、今までは使いたいパーツを持っていなかったため実行できませんでした。そのパーツとは1ポッチ幅の履帯とも呼ばれているチェーンリンクの部品です。戦車などを作っているミリタリー系ビルダーであればお馴染みの、そして貴重なパーツであることが分かるかと思います。あまりセットには入ってこないパーツなのでたくさん入手するのが難しかったのですが、今年のJBFでミリタリーテーブルの方々から100個譲っていただいたので、今回の製作に取り掛かることができました。

mightyrhino_2.jpg

 トラックのボディは現行レゴシティテイストで、ショートのシティフェンダーを使っています。トラックの見た目は現代風にするために、キャブを広くしてクルーキャブにしています。足回りに合わせてヘビーデューティな見た目にしたかったので、サイドミラーは両側2ポッチずつ飛び出させて大型っぽく見せました。ルーフの上にはライトを装備し、荷台にはロールケージを付けました。ロールケージに合わせてサイドにも黒でサイドステップを設けています。

mightyrhino_3.jpg

 マフラーはキャブの後ろから上向きに出してみました。足回りも含めてグレーは使わずに、黒で統一しています。またショー向けのボディカラーは前後で赤とダークグレーに塗り分けました。間に白の斜めラインを入れて華やかな見た目を狙ってみました。

mightyrhino_4.jpg

 履帯のユニックはペグで車体と接続されていますが、履帯そのものは回転しません。3x3L字のテクニックハーフアームにチェーンを巻き付けて三角形型を出しています。ハイリフトにすると空間に空きができるので、見た目が引き締まるようにフェンダーハウスに伸びるサスペンションと、車体と斜めにつながるアームなどを取り付けました。

mightyrhino_5.jpg

 履帯は角度を付けられるので、このように障害物を越えていく場面も再現できます。ホイールベースは10ポッチ相当となり、それなりに大型で見栄えのある車になりました。ハイリフトトラックは大きさゆえの存在感がたまらなく好きです。SEMAショーでも一番目立っていますし、とにかく大きくてパワーのある車というのは魅力的に見えるものです。チェーンリンクは52個使いましたがまだ半分ほど残っているので、また別なアイディアの車に使いたいですね。
関連記事
スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1127-c5e7ece7