Pop In '57!:憧れの57シェビーローライダー - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Pop In '57!:憧れの57シェビーローライダー

57lowrider_1.jpg

'57 Chevy / Builder: ムラにゃす

 オールディーズなアメ車は年式が重要です。カルチャーを築くのは特別な年式の車なのです。



 アメリカらしい車と聞かれたら、私は57年のシェビーだと思っています。まず間違いなくアメリカンドリームの黄金時代を象徴する車ですし、あの時代こそがアメリカが最も輝いていた時代だからです。自動車は毎年デザインを変更し、クロームメッキと尖ったフィン状の装飾がまるで飛行機か宇宙船のようでした。もちろん私が当時のアメリカを知っているわけではありません。ただ現在まで大切に残された50年代のクラシックカーの数々が今でも私たちに語りかけてくるのです。
 今回彼が作った57年はそのゴールデンエイジとは少し異なる趣となっているようです。というのも、この黄金の車体を使って、上下に動く足回りを組み込みローライダーにしているからです。

57lowrider_2.jpg

 以外にも57シェビーそのものずばりを4幅車で作った例はあまりありません。大柄なサイズ感は4幅では表しにくい形なのかもしれません。彼はフルに5ポッチ幅を使うことで、このベルエアコンバーチブルを再現しています。シルバーのバンパーやボンネットの装飾、尖ったヘッドライトなど特徴的な顔も余裕の再現となっています。ハイドロ仕込みの足元はポジティブキャンバー付きでリフトアップしており、今までの4幅ローライダーよりもずっとリアルな立ち姿となりました。

57lowrider_3.jpg

 ボディサイドはプチスロで回り込みを作り、テールはタイヤを隠すフェンダースカートを装着しています。特徴的なテールフィンは白の塗り分けやシルバーのパーツも再現され、50年代のイメージが素晴らしくよく表現されています。テールライト部分はヘッドライトブロックが横向きで使われ、隙間のない美しいビルドです。後ろに長く伸びたマフラーもワイルドなテイストです。

57lowrider_4.jpg

 ハイドロの仕組みはこのようになっています。テールの上げ下げの仕組みは従来通りですね。スカートを固定しているサイドのヘッドライトブロックにハーフペグで4Lバーを固定し、そこに後輪の軸を接続しています。フロントは蛇口をクリップで掴んで、上下に動かせるようになっています。動き的にもリアリティが増しています。
 ここ最近、4幅のローライダーが熱を帯び始めてきていると思います。また今年のHot Minifig Ridesやその後のイベントで色々な車を見られそうですね。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1139-d4f215cf