Orange Desire:オレンジ色のクラシックなカスタムスタイル - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Orange Desire:オレンジ色のクラシックなカスタムスタイル

orangedesire_1.jpg

Builder: Lime

 このビルダーから、またとんでもない車が生み出されました。全く新しいオレンジ色のカスタムカーです。



 40年代、50年代の車は4幅車の中ではまだまだ手薄なジャンルでしょう。30年代以前の車はホットロッドとして4幅車もたくさん作られています。しかし1940年、いわゆるファットフェンダー以降の車でのカスタムを表現した車は少数派です。ふくよかなフェンダーと背の低い車体はオレンジ一色にペイントされ、その姿はカスタム以外の何物でもありません。ボディスタイル的には40年代後半あたりのようですが、特定のベース車はないようです。彼のカスタムへのこだわりが作り出した形です。

orangedesire_2.jpg

 ボディサイドは1ポッチのブロックが横倒しになっており、かなり薄いボディです。この狭い車内にミニフィグが乗るかどうかは定かではありませんが、一応車内には2ポッチ幅の空間が開けられているようです。フェンダーは幅広に作られ、フロントセクションは完全な5ポッチ幅になっています。ヘッドライトはフラットシルバーの丸ポッチプレートを裏向きにし、グレーのT字バーが装飾として取り付けられています。1/4円タイルで丸められたフェンダーがクラシックなボディ形状を上手く表現してくれていますね。フェンダーの内側に引っ込んだタイヤも古い年代の車らしい見た目になっています。また70年代にのみ存在した旧型の風防をあえて使用しています。この風防はガラス面が湾曲しているのが特徴で、現在のパーツでは再現できない特殊な形をしています。

orangedesire_3.jpg

 車屋根はヒンジで微妙な角度を付けて取り付けられています。ルーフからは後ろのカーブスロープへとスムーズにラインがつながり、後ろからの見た目は特に美しいです。リアウィンドウはグリルスロープによってルーバーにされています。テールライトは赤の小さい牙を使い、細く縦長の当時っぽいライト形状を表現しています。
 クラシックなボディスタイルと、異様に低いシルエット、そして鮮やかなボディカラーが紛れもなくカスタムな雰囲気です。他の多くの4幅車と比べると型破りでかなり思い切ったビルドだと思います。彼が作り出す車にはいつも驚かされますが、ユニークなだけではなく格好いい車のスタイルを上手く表現しているのがさらに驚くべきところです。
関連記事
スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1144-f315bc46