Art Truck:4幅デコトラの新しい門出 - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Art Truck:4幅デコトラの新しい門出

fishart_1.jpg

Builder: SakuraiLego

 ここ最近新しい流れができつつあるジャンル、デコトラです。今回はなんと4幅でデコトラに挑戦した車を紹介します。



 ここ何年か、Hot Minifig Ridesではちらほらとデコトラを見かけるようになりました。デコトラは日本特有の改造文化であり、暴走族やバニングなどと並んで私たちがテーマとすべきジャンルです。私も以前6幅でデコトラを作りましたが、他の多くのビルダーも6幅での表現にトライしてきました。
 今回紹介するビルダーは幼少時代からデコトラ文化を愛し、トラックが走る地域で間近に本物を見て育ってきた人物です。もちろん彼のトラックのメインは6幅です。しかし大型のトラックに対し、小ぶりな2tトラックの表現として4幅を選択したのがこちらの車となります。

fishart_2.jpg

 あまりにもシンプルでかわいらしい姿に、レゴの本来の4幅車的ビルドの息吹を感じてしまいます。しかしこれは今まで決してレゴ公式では表現されることのなかったデコトラを表した1台となっています。フロントは長く伸びたバンパーに電飾と、新型のハートタイルを使った飾りが付きます。サイドミラーとサンバイザーでトラックらしい厳つさを出し、屋根には名前を入れる行燈が付きます。赤いボディにタンのドアという色分けは、彼のトラックに共通となっているカラーリングで、同じ会社の車両という設定になっています。

fishart_3.jpg

 デコトラといえばコンテナに描かれたアートです。プレートを積み重ねたモザイクアートとしても絵を描くことは可能ですが、さらに効率的な表現を取るためにウェッジやプリントパーツが使用されています。魚のうろこは今年にリリースされたお正月のセットからさっそく転用しています。コンテナの周囲にはクリアイエローのプレートで派手に飾られています。後ろの扉は開きませんが、バーを取り付けてそれらしい見た目に、並んだテールライトとバンパーで改造らしい雰囲気を出しています。タイヤはフロントがナロー、リアがワイドスリックで前後のサイズ差を出すことも忘れていません。
 彼の熱意は素晴らしく、ヒコーキレゴオフでは数々のデコトラに施されたテクニックに大変感銘を受けました。こんな小さな4幅デコトラでも手を抜かないあたりがなんとも情熱的です。新しい指針が示された今、私たちの中でデコトラというジャンルも新しいスタートを迎えられそうです。
関連記事
スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1150-49e8ce3e