Defender:冒険者のランドローバーディフェンダー - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Defender:冒険者のランドローバーディフェンダー

defender_1.jpg

Land Rover Defender / Builder: Lime

 4幅車カーショーがシャコタン車だらけの時代はもう終わりました。今オフロードカーがアツいムーブメントとして盛り上がっています。



 オフロードカーの代表がジープだとして、日本にはランドクルーザーがあり、そしてイギリスを代表するのがランドローバーです。長きに渡って世界中で愛用されてきたランドローバーは、冒険者のアイコンにまでなりました。レゴの今までの製品の中にも、明確にブランド名は示されていないものの、ランドローバーにインスパイアされたオフロードカーが幾度も登場しています。残念ながら現在はこの形のランドローバーは製造中止となってしまいました。今回のディフェンダーはランドローバーの長いモデルライフの中でも、最終的な型にあたるものです。

defender_2.jpg

 四角いフォルムはレゴで作るには向いているように見えますが、ランドローバーの特徴を出すのはかえって難しい題材です。この車も単純にブロックを積み上げた形ではないのが見て分かります。それに彼の場合はこの車にサンドグリーンというマイナーな色を使っていますから、形を出すハードルはグンと高まっていたはずです。しかし結果は御覧の通りで、見事としか言いようがありません。一番素晴らしいのはフロントフェイスです。グリルは溝付きブロックに、ライトは垂れポッチの穴からクリアパーツを覗かせる手法を取っています。これはどう見てもディフェンダーの顔になっていますね。ボディの多くの部分はサンドグリーンのタイルで構成されています。フェンダーやドア部分もタイルを横に貼り付ける形となっています。ボンネットの凹凸は、3ポッチのタイルを中央に配置することで出しています。

defender_3.jpg

 リアフェンダーの斜めのラインを出すために、カーブウェッジが配置されています。テールには冒険に必須なスペアタイヤが取り付けられています。小さなテールライトは無理に再現せずに省略するという割り切りとなっているようです。その車らしさを出しているのはルーフにも工夫が及びます。部分的に3ポッチ幅になったルーフには天窓が再現されています。車内には斜めのフロントガラスを固定するヒンジが見えます。

defender_4.jpg

 リアルなオフロードテイストを醸し出すのが、8mmホイール用の旧オフロードタイヤです。現在はリリースされていないタイヤですが、現行のオフロードタイヤよりも幅が狭いのが魅力のタイヤです。今回は1x1丸プレートをホイール代わりに、ペグ穴に取り付けられています。ペグ穴にハーフペグを差し込んだ上で4Lバーを差し込み、バーをホイール側の1x1穴あき丸プレートに挿しているようです。フロントとリアでは、ペグ穴プレートも違う種類が使われていますね。
 硬派なオフロードカーに、彩度控えめなサンドグリーンはよく似合う色合いでした。パーツ種類が限られていることは完成した車からも伝わってきますが、クオリティ面では全く引けを感じませんね。

 彼が主催するMinifig Rides Cross Showはオフロードカーだけの4幅車カーショーとして3月23日に開催予定です。エントリー締め切り間もなくですので、お早目にエントリーお願いします。

mrxshow2019_poster_1.jpg

 エントリーは上記リンクからどうぞ。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1152-0f3e26bd