Baja Racer:本気オフロードレーサーの裏側 - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Baja Racer:本気オフロードレーサーの裏側

bajaracer_1.jpg

Builder: シゲ

 レーシングカーには色々な世界があります。もちろんオフロードを走るレースも……魅惑のオフロードレーサーに迫ります。



 最近の4幅車ビルド界隈ではオフロードマシンも珍しくなくなりました。本当の荒地を走るダカールやバハのレースは文字通りのワイルドさが魅力です。この車のバハレーサーは勝手に私が付けた呼び方ですが、本気のレースっぽさが伝わるマシンです。
 さてオフロードカーといってもただ大きいタイヤを付ければ良いというものではありません。オフロードマシンの作り方は、ローダウンとは異なる作り込みが要求されます。

bajaracer_2.jpg

 11mm径のワイドホイールにはバルーンタイヤが採用されています。タイヤによって広くなった幅の分だけオーバーフェンダーでカバーされているのがリアリティ向上のテクですね。フェンダーは大型のスクエアタイプです。この車はトラックではなく、ボディデザインがちゃんと存在しているのもポイントの一つです。フロントセクションはノーズの長いスポーツカーのようで、タフな足回りとのギャップが映えます。ノーズの先端は1/4円タイルでカーブするラインが作られており、非常に美しい見た目です。ボディカラーは赤と黄色に白いラインを入れ、レーシングカーらしい派手さになっています。

bajaracer_3.jpg

 斜めに下りていくルーフラインは、スロープ窓枠を横倒しにしています。昔のバケツなど基本セットによく入っているこちらの窓枠は、大振りであまり注目されないパーツですが、彼は特にこの窓枠を気に入っており他の車にも採用されています。窓枠の中の空いたスペースにはエンジンを露出させる演出で有効活用しています。エンジンパーツはレゴレーサーズに使われていたプリントパーツが配置されています。他のビルダーの作品ではあまり見かけることのないパーツをメインに据えた構成がいかにも彼らしい作り方です。短いテールからは威勢のいい上を向いたマフラーが2本突き出しています。私がバハらしいと思ったポイントでもあります。

bajaracer_4.jpg

 オフロードレーサーならひっくり返した所も見せ場として作り込まなければなりません。裏面をカーブスロープで綺麗に整地しており、思わず美しいと唸るシャーシです。車軸から伸びるアームと、中央を通るプロペラシャフトでリアリティ抜群です。ホイール自体は通常の車軸パーツにしっかりはめられており、サスペンションの可動はありませんがディテールアップは素晴らしいレベルに達しています。
 格好いい車を真似するときは表から見える所だけではなく、裏側までよく観察すると最終的な仕上がりも全く変わってきます。この車のこだわりはみんなのお手本にしてほしい1台です。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1162-e804508a