Wash Bucket:Tバケットの王道 - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Wash Bucket:Tバケットの王道

washbucket_1.jpg

Wash Bucket

 定番スタイルこそ格好いい車の頂点です。それは先人たちの積み重ねの結果であり、ベストであるからこその定番なのです。



 前回はモデルTのCキャブデリバリーを製作したわけですが、せっかく3幅Tのフォーマットを作ったのでついでにシンプルなロードスター版も作ることにしました。TロードスターをベースにしたホットロッドはTバケットと呼ばれ、ホットロッドの中でもドが付く定番スタイルです。今までにもロードスター的な車は作ってきましたが、ここまで明確に本来のTバケットを模した形で作ったのは初めてです。長い間4幅車としてこのスタイルを作りたいと考え続けてきました。今回の形はかなり上手くいったと思います。

washbucket_2.jpg

 ボディは3幅で非常に小さくまとめています。エンジンもフロントグリルも合わせて小さいサイズです。エンジン部分は2ポッチの長さの中に、シルバーのスリットタイルとシルバーの丸プレートで必要かつ最低限のディテールを表しました。モデルTのラジエーターはパールゴールドで縁取りし、クラシックなイメージを強調しました。ヘッドライトは1x1丸タイルにバーが付いたパーツを、パールゴールドのクリップで掴んでいます。エンジンからはクリップバーを使ってマフラーを出します。ホットロッドを作るときはこのマフラー部分がいつも難しくて悩んでしまいますね。できるだけ悪目立ちしないようにスムーズな形にしたいものです。フロントタイヤはストリートカーらしくナロータイヤにしています。

washbucket_3.jpg

 フロントガラスはCキャブデリバリーと同じように、窓ガラスを2枚重ねてクリップで掴んで固定しています。今回は一応ドアを付けてみました。ミニフィグは乗りますが、3幅の都合上ポッチの上には固定できないので乗せているだけとなります。

washbucket_4.jpg

 フロントガラスが高いのでミニフィグを乗せても辛うじて様にはなります。しかしミニフィグを横に立たせたときのバランス感こそ私の好みだったりします。ミニフィグを降ろしたときにスケール感が狂わないことこそが、私が6幅から4幅に転向した大きな理由でもあるからです。
 4幅で思い通りの車を作るのはそう簡単ではありません。しかし難しいからこそ、上手く決まってくれたときの喜びも大きなものです。私はまた次もその喜びを求めてビルドを続けてしまうのです。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1165-d1e1216e