Muscle Zombie:地獄から蘇ったマッスルゾンビ - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Muscle Zombie:地獄から蘇ったマッスルゾンビ

musclezombie_1.jpg

Builder: 最澄

 大学受験という地獄から帰ってきたビルダーが、新たなマシンを引っ提げて4幅車界隈に復活しました。



 Hot Minifig Ridesでも毎回多くのトロフィーを持ち帰っているスタービルダーが再び4幅車ブログに帰ってきました。その復帰の最初の舞台がレゴオフではなく、本物のカーショーであるストリートカーナショナルズであったというのは、彼の復帰を祝うにはうってつけの舞台といえます。ポルシェのルーフで撮影した彼の新作をさっそく見ていきましょう。

musclezombie_2.jpg

 今まで私たちが育ててきた4幅的マッスルカーの集大成のような美しいビルドです。ボディサイドはタイル1枚分の幅拡張が施され、ドア部分はカーブスロープでクラシックなラインを表現しています。グリルのみのクールなフロントフェイスと、リアフェンダーへとつながるウェストの盛り上がりがセクシーさ抜群ですね。そして彼の車の個性的なところは色がまばらになっていることです。4幅車であえてボディ色を揃えずに組むのは冒険です。それが単なるパーツ不足や手抜きに見えてしまったら、せっかくの格好いいボディラインも台無しになってしまいます。しかし彼の車にはジャンクヤードから拾ってきた本物のヤレた雰囲気があります。渋めのボディカラーのチョイスと、現実の車をしっかり観察した分割ラインの上手さが功を奏しているのです。そしてフロントフードを外して露出したV8エンジンはやや盛り気味に存在をアピールし、それでいてスーパーチャージャーを載せないリアルなテイストに落ち着いています。フライパンを使った丸いエアクリーナーがエンジンのリアリティを高めます。

musclezombie_3.jpg

 ボディカラーは左右で非対称となり、こちら側はドアも異なる色になっています。タイヤはリアにワイドスリック、フロントにナローを配置した定番の組み合わせです。車高は下げすぎずにリア上がり姿勢にし、後ろのマフラーがワイルドに姿を現します。マフラーはただの棒ではなく、ハーフペグを差し込んでディテールアップされています。シンプルですが格好良さは文句なしです。

musclezombie_4.jpg

 シャーシ面にはボディサイドを固定するためのブラケットが並んでいます。この辺りの組み方も定石通りです。車軸はリアは通常の細軸で、フロントはペグ接続となります。しかしフロントは軸となる左右のハーフペグに棒を通してあり、ややアウト寄りにホイールがセットされているのが分かるでしょうか。通常の位置にセットしてしまうとタイヤが引っ込みすぎるため、理想のオフセットに調整できる仕組みになっています。こうした細かなこだわりが、定番のスタイルでも他とは違う格好良さを出す秘訣なのです。

関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1166-2dc0b2c3