【雑誌】ワーゲンだけの本 ストリートVWs - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. ヨンハバシャコタンヤクザ. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

【雑誌】ワーゲンだけの本 ストリートVWs

P6220001.jpg

過去の記事でも書いてきましたが、私は空冷VW乗りです。
世界中にファンがいるVWなので、専門誌は世界中で発行されています。
そして勿論我が国にもそんなVW専門誌が存在します。




ストリートVWsはその名の通りフォルクスワーゲンを取り扱う雑誌ですが、メインとなるのは新車ではなく、ビートルを中心とした空冷VWと呼ばれる古い車です。
ビートルはレゴでも製品化されるくらい世界中で親しまれている存在です。
すでに製造は終了(最終は2004年メキシコ製)していますが、こんな専門誌が成立するくらい今でも厚いファン層がいる特別な存在なのです。
他にも空冷VWの本は国内で刊行されていますが、隔月で発行されている当該誌が一番活発な雑誌といえるでしょう。

P6220002.jpg
今号はド頭からお台場で開催されたストリートVWsジャンボリーの記事となっています。
ちなみにこのページの上部に会場入りする私の車が写っています!
過去において一番大きく掲載された号かもしれません。
ちゃんとタイヤを綺麗にワックスしておいて良かったです。

PB180087.jpg

P6220004.jpg
ベスト・オブ・ショーはこの車だったようです。
会場内でも特にディスプレイに気合の入った一台でした。
各ドア・フードをフルオープンし、さらにタイヤまで外して各所のクリーンさをアピールする展示方法は、アメリカのカーショーではよく行われています。
展示スペースにカーペットを敷くのも本場では定番です。
車そのものだけでなく、見せ方にも拘るべきなのは、レゴビルドでも同じことだと思いますね。

P6220005.jpg
スーパークリーンないわゆるキャルルック。
キャル(Cal)とはカリフォルニアのことで、キャルルックとはカリフォルニアでドラッグレース向けに改造されたスタイルのことを言います。
空冷VWカスタムにおける基本的な概念であり、誰もが格好いいと認める究極的なスタイルです。

P6220007.jpg
海外のVWシーンも紹介されています。
こちらはVWのイベントとして最も有名なBug-In(バグイン)の様子です。
カーショーの横でドラッグレースが行われるスタイルとなっています。
カーショー+レースという形は、車のイベントとしては一番理想的ですね。

ビートルはブロックで再現するにはかなり困難な形状をしていながら、レゴの作例は数多く存在しています。
それだけ人気のある存在であると言えますし、レゴにおいても色々な形で古くから製品化されています。

1981_nl.jpg
#8860がビートルを元にしているというのは、レゴとVWを両方嗜む者にとっては常識(?)と言える有名な逸話です。

10187-volkswagen-beetle.jpg
あとは最近だとこんなのも出ていますね。
ボディサイドが塗り分けられるツートンはカブリオ用のカラーリングなので、画像のようなセダンでは存在しないのですが……。
しかし全身ダークブルー一色にしたら恐ろしく地味な作品になったことでしょう。



関連記事
スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/117-922468a1