Show Flames:ストリートロッドはフレイムスで決めろ! - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Show Flames:ストリートロッドはフレイムスで決めろ!

showflames_1.jpg

Builder: 最澄

 カスタムの世界にはどこにも定番の形があります。誰しもが格好いいと認めて、みんなが真似したがるスタイルです。



 黒いボディに黄色のフレイムスの組み合わせは、ホットロッド通なら必ずどこかで目にしたことがあるカラーリングでしょう。ホットロッドから連想される最も典型的な色といえるかもしれません。ですからレゴがスピードチャンピオンズのシリーズとしてデュースクーペのホットロッドを登場させるにあたり、このカラーリングが採用されたのも当然のことです。この車はそのセットに使われたフレイムス入りのドアを利用した4幅車となります。あまりもド直球で古臭いカラーリングに見えるかもしれませんが、格好いいものはいつまで経っても評価されるものです。実際2015年のグランドナショナルロードスターショーでも、「アメリカで最も美しいロードスター」に選ばれた車両はまさに黒にフレイムス入りという、奇を衒うことのない車でした。

showflames_2.jpg

 使えるものは何でも使うのが4幅車を作る上でのコツです。普通に考えれば4幅車の側面にフレイムスを描くのは至難の業です。しかしこのプリント付きドアを使えば難しい問題は一瞬で解決します。シンプルな塗装もいいですが、こちらの姿も威勢がよくて良いですね。このドアに合わせてボディは前半が黄色、後半が黒で組まれています。ストリートロッドをイメージしたこの車両は、フェンダーもエンジンカウルも残した形となっています。リアはシティフェンダー、フロントはクリップ接続でフェンダーを作っています。ボンネット周りはウェッジプレートとグリルスロープでフロントへとラインを絞り、1幅フロントグリルとフェンダーとの間にヘッドライトを取り付けています。この辺りの複雑な形状は作るのが難しいので、レゴで作るならボディパネルもフェンダーもない方が作りやすいんですね。しかし彼は普通の形を再現するためにあえてこのやり方をしているわけです。

showflames_3.jpg

 フロントに8mmホイールとナロータイヤ、リアには11mmワイドホイールに普通のオフロードタイヤというオーソドックスな組み合わせです。ホイールの色はあえてグレーではなく白が選ばれ、明るいイメージになっています。リアトランク部分はカーブスロープでスムーズに仕上げられます。テールライトは省略ですが、リアバンパーは再現されています。

showflames_4.jpg

 余裕のあるボディサイズなのでハラキリせずにミニフィグが乗っています。フロントフェンダーは横に通ったバーに丸クリップを取り付けて斜めに向けるテクが使われています。この手の車のフェンダーには最近よく使われるビルテクです。
 ホットロッド、カスタムカルチャーにおいてはフレイムスは非常によく見られるパターンです。今回はプリントパーツを活用しましたが、レゴの中にはフレイムス模様のシールというのもいくつかあったりします。他にも色々なフレイムスのカスタムカーが作れるかもしれませんね。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1178-3ea1413d