Black Legend:90年代の伝説R32スカイライン - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Black Legend:90年代の伝説R32スカイライン

r32gtr_1.jpg

Nissan Skyline GT-R / Builder: jip

 90年代の日本のストリートシーンは今や世界的にレジェンドとみなされています。その黄金の時代の頂点に君臨するのがスカイラインGT-Rという車です。



 スカイラインGT-Rという車が古くから日本を代表するレーシングカー・スポーツカーとして活躍してきたことは今さら説明するまでもないことでしょう。時代ごとに様々な顔を持つ車ですが、90年代に登場したR32/R33/R34は現在でも多くのカーガイが認識している代表的な世代のモデルです。この黒いGT-Rはその中の一番最初、R32をモデルにしています。先代のR31ではスクエアだったボディに丸みが生まれ、80年代を脱した新しい自動車デザインの幕開けとなりました。やわらかさも含むそのボディラインをいかにレゴで表すのか、この車を見てみましょう。

r32gtr_2.jpg

 これはただのスカイラインではなくGT-Rなので、フェンダーは他のグレードよりも拡大されています。特にブリスター状に膨らんだリアフェンダーはこの世代のGT-Rの最もセクシーなポイントでしょう。当然こちらの車でもフェンダーの膨らみは再現されています。リアはカーブスロープとプチスロでドアの面からラインをつなげ、非常に自然な形でフェンダーを膨らませています。後付けワイドボディとは差別化した表現ですね。フロント周りはカーブとウェッジを使って角を落とし、ヘッドライトには1x1ラウンドプレートで丸みを付けています。短いホイールベースの中でスカイラインのシルエットを作り出すために風防は半ポッチ前にずらし、ルーフはレールプレートを使うことで半ポッチ分の隙間を埋めています。

r32gtr_3.jpg

 ボディカラーはストイックに黒で、ホイールも黒の5スポークを採用しています。あくまでストックスタイルを再現しているようですが、低くなった車高で見た目はバッチリきまっています。そしてテールを見ると、スカイラインのトレードマークともいえる丸型2連ライトが再現されていました。ライトがテールに4個並んだデザインを4幅車で再現するのは難しいのですが、フェンダー部分で幅拡張することでそれを再現するスペースを生み出しています。ライトは赤い丸クリップで、スペース節約のために1ポッチのクリアパーツははめずにライトの表現としています。

r32gtr_4.jpg

 丸クリップには赤い4Lバーが差し込まれているという細かい表情作りも見逃せません。ただでさえ手狭なボディに4Lバーを埋め込むのは面倒な作業だったことでしょう。スペースを生み出すためにブラケットが活用されています。
 4幅の中にディテールを詰め込むビルテクも色々と進化してきているので、細かな実車再現ネタも増えてきたように感じます。80年代、90年代の世界もレゴの中にどんどん生まれていきそうです。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1184-ffb39e83