Square Fenders:グループ5マシンのパッション - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Square Fenders:グループ5マシンのパッション

squarefenders_1.jpg

Builder: ナタデココ

 格好いい車を作るのは難しいです。多くの4幅車ビルダーが常に頭を悩ませているほどに奥深い世界です。



 彼の車は至ってシンプルです。しかし、いえだからこそいつも驚かされます。この車のモデルは明かされていません。しかしそのパッションは見たとたんに私の心に響いてきました。ある程度古いレーシングカーに精通している人間なら、70年代後半にグループ5を駆け抜けたBMWが思い浮かぶことでしょう。少なくともそれを意識して作られていることは確かですが、彼の車は基本的に車名などは公開されません。それこそが彼の4幅車ビルドに対する姿勢であるのだと思います。

squarefenders_2.jpg

 彼の車の素晴らしさは複雑なパーツの組み方ではなく、その絶妙なバランスにあります。フロントスポイラー部分を低くしつつ、床下は十分に車高を上げてリアはさらに高く切り上げます。四角いボディに四角いオーバーフェンダーが取り付けられ、見た目はかなりレーシーです。それも使うパーツは必要最小限といった感じで、1x4アーチを使ったリアフェンダーはそれだけでこの車の個性を決定づけています。組み合わせているのはワイドスリックタイヤですが、ホイールは通常の8mmワイドではなく、2/3コーンの裏面を使っています。独特のモールドに加えてパールゴールドを使うことができるのが魅力的で、この車の雰囲気にピッタリ合ったチョイスといえるでしょう。ボンネットの先端はウェッジプレートで尖った形状となっており、双眼鏡のヘッドライトがその下に配置されます。ウェッジプレートを見て分かる通り、フロントフェイスはバンパーまで上下逆組みとなっています。

squarefenders_3.jpg

 後ろから見た時の車高は高く、太いタイヤがセクシーに覗きます。キャビンは前後の風防に4x4プレートという最小限のものです。しかし半ポッチずらして位置を調整している点は見逃せません。車屋根パーツを使わないのは車の雰囲気を守るためでしょう。ドライバーはかなり仰向けになって中に乗っています。リアウィングはスロープを使ってしっかの表現され、ワイドなフェンダーから4幅に戻っているテール回りがワイドボディの雰囲気を醸し出します。

squarefenders_4.jpg

 ホイールは穴あきの1x1ラウンドプレートが根元に使用されています。普通の車軸に差し込んであるためタイヤの回転はなくなっています。フロントは車軸を上下反転し、フロント下がりの姿勢にしています。フロント車軸を反転させるための、フロント周りの逆組みなのかもしれません。
 比較的よくある部品で構成されているので真似しやすそうなのも彼の車の魅力です。これに触発されてさらに発展した車が出てくることも期待できますね。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1188-6743775c