Hot Minifig Rides 2019 カーショー:ターゲット - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Hot Minifig Rides 2019 カーショー:ターゲット

hmr2019_2.jpg


 Hot Minifig Ridesカーショーレポート、今回はターゲットストアが舞台です。低くてワルな車がたくさん集まりました。



 ターゲットストアは今年から導入したストラクチャーです。HMR2016で使用したウォルマートではベースプレート3x4枚だった面積が、ターゲットでは5x5枚と大幅にスケールアップしました。去年と一昨年はパーティホテルがメインに置かれていましたから、アメリカ的なストリートシーンがHMR2019では復活したかたちになりました。

hmr2019_7850.jpg
 BUCHIさんのバスは5ポッチ幅で、4幅車の世界観に合わせたスケールとなっています。スピードチャンピオンズのフェンダーに、旧オフロードタイヤをインセットにした足元はオールドスクールな雰囲気バッチリですね。ストップサイン付きのマニアックな細かさも雰囲気がよく出ています。

hmr2019_7851.jpg
 テクニック系ビルダーのLTBさんが今回のカーショーのために初挑戦したという4幅車です。フェンダーをフロントバンパーに使ったり、リアの風防を横向きに使ったりとビルテクにこだわりがよく見えます。

hmr2019_7854.jpg
 シゲさんのチューナーは緑系のパーツをここぞとばかりに投入してワイドボディなマシンを作ってきました。緑は基本色ですが、4幅車的には案外難しい色だったりします。緑色の車屋根パーツはかなりのレアパーツで、それを利用した車を作りたかったのだと思われます、

hmr2019_7876.jpg
 さくさんのハイリフトなトラックは赤いボディに白いホイールで大柄ながらもさわやかな雰囲気です。カーブスロープで組み上げたボディサイドは強度的に心配になりますが、見た目は素晴らしいです。

hmr2019_7930.jpg
 ターゲットの裏手に並んだチューナーたちはワイルドスピードのワンシーンのようです。手前にはjipさんの80スープラ、R-34、R-32などJDMなスポーツカーが並んでいます。

hmr2019_7931.jpg
 駐車場にはさくさんのワイルドスピード仕様のフリップカーが現れました。改造車が集まる光景も映画のようになりました。

hmr2019_7932.jpg
 私のシグフィグとシグカーがいます。後ろの赤い車はアメリカのZiuのマスタングです。手前にはkimronさんのコンパクトなローダウンカーが会場に入ってくるところですね。

hmr2019_7941.jpg
 遠くからズームで撮るととても密度の濃い画になります。最澄さんのハイリフトトラックが他の車を見下ろすように通路を通ります。壁際のこんぽたさんのロールスロイスも過激なカスタムが見所です。

hmr2019_7945.jpg
 チューナー系の車は海外勢の参入もあって今年はかなりたくさんの車が集まりました。スタンスとの融合でアグレッシブな見た目の車が非常に多いです。写真奥を見ると厳つい警察のバンが集まっています。

hmr2019_7951.jpg
 左から、さくさんのチューナーは低い足元と左右非対称のデザインでストリート系の雰囲気がよく出ています。kubowさんのバンは荒々しくもイカすルックスで、ライトや窓などを穴だけで表現した見た目が独特です。ダークレッドはよちびさん作で、ワイドボディにゴールドのレーサー5スポークを組み合わせたシックながらもクールな1台です。たけのこさんのミニバンはスピードチャンピオンズのリムでローダウンしたイマドキのミニバンカスタムをよく再現しています。

hmr2019_7952.jpg
 最澄さんのダークグレーのスーパーカーもホイールはゴールドでアピールしています。珍しいパーツもここではすっかり価値がなくなってしまうようです。背後に見えているえもりんさんのダークグレーのピックアップは、スピチャンのフェンダーを使いながらも低いシルエットでイケてます。シュウスケさんの黄色いワゴンも過激な足元がかなり好きです。

hmr2019_7953.jpg
 手前のLimeさんの車はかなりクレイジーな1台です。その隣にはAgiusさんのチューナー2台が並びます。ナショナルカラーのピックアップはシュウスケさんのサニトラです。

hmr2019_7954.jpg
 シゲさんのカラフルなチューナーが列手前3台に並んでいます。緑、オレンジ、水色と4幅車としては未だにチャレンジングな色をあえてチョイスしています。その奥にはえもりんさん、エリアスさんのチューナー、そしてたけのこさんのS13シルビアが並びます。歩道に止まっているのはシゲさんの当方擬車化です。何のキャラクターかは分かりません。

hmr2019_8008.jpg
 Limeさんの車はミニフィグの赤い手だけを20個集めて作ったホイールが狂気を感じる1台です。ダークブルーとの色のコントラストも印象に残りますね。

hmr2019_8015.jpg
 アメリカのBinny's GarageのスバルBRZが通路を通っています。今回は国境を越えたコラボもたくさん発生しました。

hmr2019_8028.jpg
 ターゲットを上から捉えてみました。物量もすごいですが、一人一人のビルダーが作り出した偉大なる小さなビルドが集まって一つの世界を生み出していることが最も驚くべきことだと思います。

hmr2019_8048.jpg
 こちらから見ると駐車場全体が見渡せます。Minifig Ridesでは駐車場の線を無視して車を止めるのがすっかり定着しています。

hmr2019_8051.jpg
 駐車場の端の列にはシュウスケさんのローダウンカスタムカーや、Agiusさんのチューナーが多く並んでいます。

hmr2019_8056.jpg
 低い視点から見る光景もリアリティがあった楽しいです。こんなに客じゃない車が集まったらお店も迷惑していることでしょう。しかしこれはレゴの世界なのでそんなことはお構いなしです。

hmr2019_8061.jpg
 ターゲットの看板はクリアプレートを積み重ねたものを半ポッチ分立体的に飛び出させて、裏からライトを当てて光らせています。クリアレッドのドーナツプレートがあってよかったです。

hmr2019_8062.jpg
 Agiusさんの鬼キャン改造車、フィリピンのMeisterのロケットバニーFC RX-7、Ziuの240Z、どみにくさんの走り屋なチューナー2台に、一番奥はZiuのラリーカーです。

hmr2019_8064.jpg
 渋谷さんの赤い車はド派手な族テイストのマシンです。ヤクザステッカーに味が出ていますね。白はMeisterのシグカーであるS14シルビアです。その奥の水色はTomさんのMR-2となります。

hmr2019_8183.jpg
 大きなウィングとスポイラーが付くのはMeisterのタイムアタック仕様RX-7です。最近の4幅車界隈では最澄さんのRX-7がベースになることがかなり多いですね。隣の赤い車もBinnyのワイドボディなRX-7です。

hmr2019_8184.jpg
 こちらにはkimronさんのカラフルなローダウンカーが集まっています。シティフェンダーに11mm径のホイールを鬼キャンで組み合わせたセッティングがシティ派な雰囲気ですね。

hmr2019_8193.jpg
 公式シールを投入した派手なルックスのAgiusさんの車は、フラッグをボンネットにして中のエンジンまで作り込まれています。かなりストイックにレーシーな雰囲気ですが、フロントのオイルクーラーからはホースがエンジンルームへとつながる古風な演出付きです。

hmr2019_8199.jpg
 シゲさんのホンダシティは33度スロープのフェンダーを使った意欲作です。レアな赤いホイールでスタンス風に決めています。後ろにはTomさんのサンドグリーンのシビックが並び、ホンダのコンパクト同士でコラボとなりました。

hmr2019_8216.jpg
 赤はしゅうすけさんのVWルポで、UKで実際に製作されたカスタムを元にしています。水色はMeisterのS2000で、細かい作りが群を抜くクオリティでした。茶色はTomさんのAE86で、エンジンショーアップのショーカーな1台です。

hmr2019_8217.jpg
 黄色い車からZiuの350Z、エリアスさんの赤いチューナー、Agiusさんのオレンジのチューナー、そして赤いRX-7とダークグレーの鬼キャンカスタムの2台のシュウスケさんの車が並びます。

hmr2019_8219.jpg
 アワード化されている痛車ジャンルも複数のビルダーがエントリーしました。カナダからはMarcus Firegonのユーリオンアイス仕様、痛車常連のkimronさんはプリキュア仕様の新作、そして雪村あおいさんはとなりの吸血鬼さん仕様の痛車を並べました。ちなみに私はこの中だととなりの吸血鬼さんが一番好きです。

hmr2019_8222.jpg
 さくさんのチューニングな2台はどちらもエンジンを露出した気合いの作り込みとなっています。特に左のマシンはフロント周りが骨組みだけのワイルドなルックスです。カーベースを破壊して手に入れたアズールの車軸にも注目ですね。

hmr2019_8332.jpg
 シゲさんのダークターコイズを使ったダータコランナーは、さらにダータコパーツを増やしての参戦となりました。スクーター載せのスタイルは非常にストリート的で好きです。

hmr2019_8335.jpg
 最澄さんはアメリカンな積載で過激にチューンしたマッスルカーを運んで登場しました。パトカーの目の前ですが、車を降ろしたらインポートチューナーを蹴散らす走りを見せてくれることでしょう。

hmr2019_8343.jpg
 こちらも最澄さんのマッスルカーですが、モノトーンな色合いながらレストモッドなショーカーの雰囲気がよく出ています。フロントフェイスの作り方が新しい形に挑戦していますね。

hmr2019_8364.jpg
 ターゲットの裏手にはBinnyのローダウンボルボが列に混じっています。

 ここまででターゲット編終了です。4幅車のメインジャンル(?)である悪い車が多数集まったエリアで、その内容も例年に増して濃いものでした。これで半分ほど紹介したかとおもいきや、あと3回ほどレポートを残しています。また次回をお楽しみに。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1196-0c4ff474