Hot Minifig Rides 2019 カーショー:インドア - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Hot Minifig Rides 2019 カーショー:インドア

hmr2019_3.jpg


 Hot Minifig Ridesカーショーレポート第3回目です。今回はカーショーの中心であるインドアセクションが登場します。



 HMRのカーショーエントリーでは毎回ディスプレイ用のカーペットの使用を推奨しています。とはいえ、これまではカーペット展示の習慣が根付いているとはいえない状況でした。今までは緑の芝生エリアにカーペット展示の車を並べるだけでしたが、今年は本格的なカーショーの風景を作り出すためにインドア会場での展示を行うことにしました。

hmr2019_7829.jpg
 どみにくさんのスーパーカーはスピチャンのホイールディスクを使い、強烈な鬼キャンを決めたクレイジーなマシンです。高速道路で存在感を放っていました。

hmr2019_7836.jpg
 Limeさんのクラシックなアメ車のカスタムは超ナロードでスラムドされ、ピンク色のボディカラーがひと際輝いていました。今回のベストオブショーとなっています。

hmr2019_7840.jpg
 こちらもLimeさんのローライダーです。5幅で平べったいボディを構築し、ヘッドライトは1x1タイルの裏面を出すアイディアです。タイヤはペイントでホワイトリボンになっています。

hmr2019_7844.jpg
 kkrさんのメルセデスベンツ190E EVO2はブラックのボディに大型のウィングがあやしげな雰囲気を出しています。クリアオレンジのタイルをコーナーに配置したベンツフェイスの作り方はナイスな組み方です。

hmr2019_7857.jpg
 こちらはシゲさんの未来派バギーです。かなり珍しい半透明のタイヤを使い、まるでホットウィールのような過激な未来マシンとなっています。カーペットの演出も合わせて雰囲気の違う車でした。

hmr2019_7863.jpg
 こちらはシゲさんのスタンスなカスタムですが、まだまだ珍しいライトアクアを全体に使った車です。さわやかなミントブルーは他のエントリーを差を付ける攻めた色のチョイスですね。

hmr2019_7864.jpg
 関山さんのジャガーEタイプは実はプルバックモーターが仕込まれており、この後のドラッグレースLIMクラスに出走していました。ショーカーとしてもハイクオリティなクラシックスポーツです。

hmr2019_7882.jpg
 はる~さんの過激な鬼キャンマシンは常に会場の色々な場所を移動していました。前後で違う色のホイールやライム色のフェンダーなど荒々しくもストリート系な雰囲気がよく出てる1台です。

hmr2019_7917.jpg
 高速道路の下では悪い車たちが溜まっています。どみにくさんの赤いスポーツカーと、Tomさんのランエボが白線の前に並んで、今にもバトルが始まりそうな雰囲気です。

hmr2019_7918.jpg
 kimronさんの痛車がレゴのビンテージなトレーラーで車を運んでいます。ウィングが巨大な黒いカスタムカーはYUMAさん、赤い車はビルダー不明です。

hmr2019_7920.jpg
 さてこちらが今回のカーペット展示用インドアエリアです。インドアと言っても本当に壁で囲いこんでしまうと見えないので、両側2面のみに壁を立てました。壁もほとんどガラス張りにして中が見えるようにしています。カーペットはカーショーエントリーの各ビルダーが自分で用意し、無事に全てのエリアが埋まりました。私が用意したカーペットも合わせてとなりますが、今回この風景を生み出すことができたのは大きな収穫です。

hmr2019_7922.jpg
 最澄さんのホットロッドは古典的なフレイムスパターンを付けて80年代テイストです。隣の青いSUVも最澄さんで、大径リムを無理やりセットしたDUBなカスタムです。

hmr2019_7924.jpg
 手前のチューナーはシゲさんの車ですが、彼らしく使う色が他と違います。車体の下半分とカーペットに使用しているのは最近のレゴムービー2のセットで登場したコーラル(珊瑚)色です。後ろはMugenさんのメルセデスベンツGクラスで、ピンク色がラグジュアリーな雰囲気です。

hmr2019_7925.jpg
 私のホットロッドが多数並んでいますが、同じエリアにムラにゃすさんの赤い57シェビーローライダーが展示されています。アメリカンカルチャーがやっぱりこの舞台にはよく似合いますね。

hmr2019_7927.jpg
 こちらは今回のショー全体でも注目だった、とにーさんのローライダー3台です。カスタム品のメッキパーツを惜しげもなく投入したビルドは、会場でも一番の輝きを放っていました。ハイドロアクションも当然再現されており、シャーシや足回りまで全てメッキパーツとなっています。本物のローライダーであればフルクロームも当然であり、それをレゴで実現してしまうとは驚きです。後ろにはjipさんのポルシェ935/78モビーディックが置かれており、こちらもかなりの力作でした。

hmr2019_7928.jpg
 一番左は最澄さんのカスタムなレッカー車です。ローダウンされた車体や大きなリアタイヤなどワイルドなスタイルがカーショー向けなカスタムです。真ん中はダークターコイズを使用したことで注目だったMugenさんのスレッドなカスタムです。2台ともアワードカーですね。後ろにはアワードとなったムラにゃすさんの55シェビーローライダーも見えます。左には渋谷さんのトラクションエンジン(トラクター)が凝ったディスプレイで置かれています。クラシックとしてもワーカーとしても有力株でしたがアワードとはなりませんでした。

hmr2019_7929.jpg
 インドアエリアのすぐ外にはアメリカンなカスタムカーが並べられました。手前2台はLimeさん、白はとにーさんのローライダーで、バンパー等にカスタム品のメッキパーツが使用されています。赤はkkrさんのローライダー、オレンジはLimeさんのカスタムカー、ぽん太さんの5幅ロードスター、kubowさんのグレーのローライダーとなります。

hmr2019_7955.jpg
 こちらには多数のスポーツカーが並びました。手前からたけのこさんのポルシェ930ターボ、ナタデココさんのポルシェ911タルガ、たけのこさんのNAロードスター、kkrさんのAZ-1、たけのこさんのNDロードスター、LimeさんのZ31、こんぽたさんのデロリアン、シュウスケさんのポルシェ911が2台と、ZiuのNSXです。背後にはZiuのマスタングと同じくフォードRS200がいます。

hmr2019_7957.jpg
 一面が美しいショーディスプレイで埋め尽くされた光景は絶景という他ありません。中央にはemoLegoさんの車の列があり、アワードを獲ったフーニトラックの他、マスタングやフェラーリ512BB、アルファロメオジュリア、F40、ランチボックスなど様々な車が集められました。

hmr2019_7959.jpg
 こちらにはnitro73さんのヴェイルサイドRX-7や、TomさんのFC RX-7がチューニングロータリーのコラボとなっていました。その後ろの列にはもりさんのスポーツカー2台が展示されています。

hmr2019_7961.jpg
 emoLegoさんのホンダEVスポーツとシトロエンDSが自動車の新旧コントラストな並びとなりました。後ろには新型のポルシェ935も隠れています。右奥にはDopplersさんのスレッド系なカスタムが見えます。

hmr2019_7963.jpg
 Ataruさんのひっくり返しレーサーはレモン24時間レースで実際に走った有名なマシンをモチーフにしています。隣のダークオレンジの車は同じくAtaruさんのベルリエ11CVドーフィンです。全く異なるテイストの車が並びました。

hmr2019_7965.jpg
 kimronさんの高速道路はメインゲームでも賑わっています。関山さんやSakuraiさん、kazukiさんなどバスもたくさんのビルダーが作っています。

hmr2019_7966.jpg
 こちらは高架下で、Ziuの6輪トラック、ブラックベアーがBMWのチューニング仕様を運んでいます。救急車はMugenさん作でパトライトとヘッドライトが公式パーツで光ります。

hmr2019_7967.jpg
 カーペットは1スペースが8x16、または16x16となります。狭いカーペットだと車の間のスペースはかなり詰まっていますが、実際のインドアショーもこんな感じになるのでリアリティについては満足しています。広いカーペットで展示すると余裕もあり、周りから車を見回すことができます。

hmr2019_7987.jpg
 Sakuraiさんのクラシックカーは、スピチャンのホイールディスクをホイールに使い、古いタイプのスポークに見立てています。フロントはステア可能でかなりハイレベルな車でした。

hmr2019_7992.jpg
 Sakuraiさんのパガーニゾンダは双眼鏡を2個使った4本出しマフラーの表現が素晴らしいですね。乗っているのはアラブの富豪でしょうか。

hmr2019_7994.jpg
 アワードになったKazukiさんのRWBポルシェ964です。樽を使った超ディープリムのインパクトが絶大ですね。クリップバーを並べたフェンダー造形も新しすぎます。

hmr2019_7998.jpg
 さくりんさんはミニクーパーと、トライアンフ・ボンネビルスピードマスターを1つのスペースに並べて展示していました。カーペットはユニオンジャックで決まっています。

hmr2019_8047.jpg
 インドアエリアは常にライトで照らされて明るい会場の中展示することができます。今回はカーペットを用意した人へのメリットはかなり大きかったと思います。梁をトラスにしているのは強度のためですが、見た目にも美しく効果的でした。

hmr2019_8065.jpg
 床を白いタイルで埋めたのでかなり明るい雰囲気になりました。白い2x2タイルはLUGBULKで特に目的もなく買っておいた2000枚分が役に立ちました。これで全て使い果たしてしまいましたが。

hmr2019_8198.jpg
 3台の異なるポルシェ911が並びました。オレンジ色の911は関山さんです。ヘッドライトの表現がそれぞれ異なっているのが面白いです。

hmr2019_8224.jpg
 たむちんさんのパンサー6が後からインドアエリアに加わりました。かなり珍しい車ですが、トミカになっているので知っている人も多いかと思います。

hmr2019_8310.jpg
 高架下には悪そうな車が集まっています。華やかなインドア会場とは一線を画す雰囲気です。

hmr2019_8328.jpg
 さくさんのスプーン風カラーのシビックが高速を走っています。前方のどみにくさんのホットハッチとレースしているようです。反対車線にはpunikovさんの、マリカーで知られる「任天堂とは無関係」カートが爆走中です。

hmr2019_8329.jpg
 Sakuraiさんのミリタリールックなレーサーは、タンとダークタンで迷彩カラーとなっています。

hmr2019_8348.jpg
 はる~さんの鬼キャン車が高速道路で無理な追い越しをかけています。

hmr2019_8361.jpg
 kkrさんのデコトラは背面にトキのキャラを貼った痛車となっています。荷台にはSakuraiさんの4幅デコトラを載せています。

 次回HMRカーショーレポートは芝生エリアに移ります。

関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1197-3968f377