Hot Minifig Rides 2019 カーショー:レース - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Hot Minifig Rides 2019 カーショー:レース

hmr2019_5.jpg


 Hot Minifig Rides 2019のカーショーレポート第5回です。最後は車文化の重要なパートであるレースが舞台となります。



 私たちの4幅車文化はストリートカルチャーから始まりました。今でもショーの中心はストリートカスタムです。しかしそんな中でレーシングカーというカテゴリーが大きくなり始めたのも自然な流れなのだと思います。2018年のHMRを開催した一月半ほど後にルマンでトヨタが念願の初優勝を果たし、私はレゴでルマンの舞台を作ることを決意しました。そして今年のHMRではレゴで再現したこの舞台に、数々のレーサーが集まりました。

hmr2019_7817.jpg
 ムラにゃすさんのAMCグレムリンはトライカラーのドラッグレース仕様となっています。コンパクトながら70年代のマッスルドラッグレーサーの雰囲気がよく出ています。

hmr2019_7895.jpg
 ホームストレートには様々なレーサーが集まりました。ルマンレーサーに混じってぽん太さんのF1も駆け抜けます。手前にはMugenさんのトヨタTS020も見えます。

hmr2019_7903.jpg
 ピットレーンにもレーサーが多数置かれています。これまでのHMRではレーシングカーの置き場は用意されていませんでしたが、今年はぴったりの舞台ができました。

hmr2019_7904.jpg
 今回のアワードとなったよちびさんのトヨタTS050がピットレーンに止まっています。手前にはとにーさんのランチア037が走っています。異なる種類のレーサーのコラボが多数見られました。

hmr2019_7905.jpg
 ナタデココさんのグループ5マシンは当時のBMWを思わせるスタイリングで、コンパクトな4幅車のテイストを守りつつワイルドな姿を再現しています。その後ろには最澄さんのアルファロメオジュリアが付いています。

hmr2019_7906.jpg
 よちびさんのルマンレーサー2台が走っています。後ろの青い方がトヨタTS010で、手前の黄色いマシンはトヨタ90C-Vとなります。

hmr2019_7907.jpg
 ぽん太さんの4幅ラリーカー3台と、たけのこさんのフォードGT-40が並んでいます。ピットから出てくるのはエリアスさんのワイドボディなレーサーです。

hmr2019_7908.jpg
 プリゲームのときには空だった観客席にはメインゲームではお客さんでいっぱいになりました。

hmr2019_7909.jpg
 ルマンピットを製作した時に、コントロールタワーは後から思いついて付け加えた建物でした。メインのスタンドだけではあまりレース場らしくならなかったためでしたが、ゲートも足すとかなり良い雰囲気になりました。

hmr2019_7910.jpg
 ぽん太さんのぽん太幅のラリーカーです。スポンサーマークの自作シールを惜しげなく使ってレーサーらしい雰囲気を出すのが彼の作り方ですね。どれもミニフィグ2人乗りとなっています。

hmr2019_7911.jpg
 マーフィーさんの55シェビーギャッサーは4幅よりも若干幅を広げたボディで、アメ車の恰幅の良さを表現していました。トレーラーを牽いて自走参加の雰囲気が本場っぽくて素晴らしい演出です。

hmr2019_7912.jpg
 例年だとエントリーが少なかったドラッグレーサーも今回はまとまった数が登場しました。ムラにゃすさんのグレムリンに、Meisterのシビック、Nitro73さん、Agiusさん、Mugenさんとファニーカーが並び、一番奥はシュウスケさんのゴルフのドラッグレーサーが並びました。

hmr2019_7976.jpg
 シェルのサービスカーはぽん太さんのシェルレーサーを運んできたのでしょう。レース場の雰囲気にはピッタリの車です。私のフォーミュラボックスと並んでのショットになりました。

hmr2019_8029.jpg
 ビーチとは反対側のレースエリアからカーショー卓を望んでみます。実に様々なエリアに分かれ、私たちの4幅車というジャンルの「幅」の広さに圧倒されます。

hmr2019_8030.jpg
 斜めの面を多用したピットの建物のルックスにはかなり満足しています。斜め固定にはクリップを用いるのが大抵の私の組み方です。複雑な組み方と配線、そして収納のために異様に細かく分解する構造のために設営は一番大変です。

hmr2019_8267.jpg
 とにーさんの赤いランチア037と、ぽん太さんのマルティーニの同車種が隣同士のピットスペースで並びました。

hmr2019_8265.jpg
 ぽん太さんは一番右のアルピーヌ風シェルレーサーがアワードとなりました。プジョー風の黄色のマシンも素晴らしい雰囲気です。

hmr2019_8270.jpg
 Sakuraiさんのフェラーリ430スクーデリアはスピチャンを4幅テイストに作り直したマシンです。公式シールでレーサーらしい派手さとなっています。

hmr2019_8268.jpg
 よちびさんのNSXはJGTCの無限カラーです。前後のホイールの色の違いもこだわりですね。パネルを横向きに使ったワイドフェンダーで、ボンネットの厚みを究極に減らしたレーシーなスタイルです。

hmr2019_8273.jpg
 ナタデココさんのレーサーを後ろから見ると、ワイドスリックタイヤが大きく露出していてとてもセクシーです。

hmr2019_8275.jpg
 細かなチェック模様を再現したよちびさんの日産R390です。彼はかなりたくさんのレーシングカーを作っており、今回のカーショーも良い雰囲気になりました。

hmr2019_8279.jpg
 たむちんさんのレーサー2台はシルエットスカイラインと、オートバックスカラーのブルーバードです。高さ2の風防でコミカルなテイストになっています。

hmr2019_8280.jpg
 こちらは最澄さんのギャッサーで、マーフィーさんとほぼ同じ題材の競作となりました。こちらはより4幅に沿ったテイストになっています。窓やライトはブルーのティントです。

hmr2019_8281.jpg
 列の手前に加わったのはたむちんさんのギャッサーです。こちらは2015年の第1回HMRで登場したプルバックモーター付きのマシンですね。

 さて以上で全5回に渡るメインゲームのカーショーレポートが終わりました。ここまで内容の濃いイベントは世界中を探しても他にはありません。それが世界からもエントリーが車Hot Minifig Ridesの魅力なのです。色々な車が輝ける舞台を用意したいですね。来年も皆さんのご参加をお待ちしております。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1199-0c392221