Hot Minifig Rides 2019 モンスタートラック - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Hot Minifig Rides 2019 モンスタートラック

hmr2019_monstertruck_1.jpg


 Hot Minifig Ridesではカーショーの裏で様々な競技が行われます。最初に紹介するのは今年からの新競技、モンスタートラックです。



 今年の初めから色々なイベントでテストしてきたモンスタートラック競技ですが、ようやく本番の時がやってきました。エントリー数も上々で初回から盛り上がりました。

hmr2019_monstertruck_8402.jpg

 コースにはたくさんのモンスタートラックが並びました。幅はタイヤも含めて16ポッチ以内、ミニフィグ乗車が必須となります。モーターによる駆動を用いることも必須となりますが、モーターの形式の指定はありません。今回は最も多いプルバックモーターの他に、フリクションモーター、そして電動モーターのRCなど多彩な車が揃いました。

hmr2019_monstertruck_8384.jpg

 コースにはジャンプ台と10台の車が並べられます。ジャンプ台の手前からマシンを発進させ、ジャンプ台の向こうの車の屋根を何枚潰せるかを競います。1台につき2回走ってもらい、最終的に外れている屋根の数をカウントします。
 今回のエントリーは8台となりました。まずは全ての車が上記の方法でスコアを競いました。

hmr2019_monstertruck_8391.jpg
1st Score: 0 / Builder: シゲ
 シゲさんのマシンはフリクションモーターでした。4幅のトラックのボディにかなり大きな径のタイヤをセットしています。

hmr2019_monstertruck_203514.jpg
 1走目ではフリクションの勢いが弱めで、ジャンプ台を越えた後にすぐに右に逸れてしまい、1台も屋根を潰せませんでした。2走目は入念に地面で勢いを付けてから走り出し、ジャンプ台も勢いよく飛び越えました。車の上には着地したものの屋根を潰すまでには至らず、今度は左に逸れて横転しました。結果2走してもスコアは0で終了となってしまいました。他の車に比べてボディが小さく、軽かったことがスコアが出なかった要因としてあるかもしれません。

hmr2019_monstertruck_8393.jpg
1st Score: 0 / Builder: BUCHI
 カーショーエリアで展示されていた5幅スクールバスがやってきて、ボディだけ挿げ替えてモンスタートラックになりました。モーターはテクニックのプルバックモーターで、チェーンによって四輪駆動化されています。

hmr2019_monstertruck_203252.jpg
 プルバックモーターを十分に巻いてからの発進となりましたが、勢いが弱く、またボディが重いためかジャンプ台のすぐ後で右に逸れて横転してしまいました。続く2走目でもほぼ同じ状況となり、手前の3台ほどを踏みつけたものの屋根を潰すことはできずに、横転してスコア0のまま終了となりました。軽すぎても車を潰すことはできませんが、反対に重すぎても上手く走れないことが分かりました。

hmr2019_monstertruck_8386.jpg
1st Score: 0 / Builder: 最澄
 旧型のレーサーズのプルバックモーターを使った正統派な4幅スタイルモンスタートラックです。タイヤも古いタイプのバルーンが使われています。

hmr2019_monstertruck_203031.jpg
 レーサーズのモーターは最近のテクニックのものに比べるとパワーが弱めで、またタイヤも小さめであることがたたったのか、1走目では1台目と2台目の車の間に挟まって身動きが取れなくなってしまいました。2走目はジャンプの後上手く車列の上に着地しましたが、すぐに左に逸れて体重が逃げてしまい、結局スコア0のまま終了となりました。車自体の軽さも良くなかったかもしれません。

hmr2019_monstertruck_8392.jpg
1st Score: 3 / Builder: Lime
 こちらはフリクションモーターのマシンです。タイヤは小さめですが、ボディの重量はそこそこありそうです。競技用マシンなのにかなりガチなディテールの作り込みです。

hmr2019_monstertruck_203352.jpg
 1走目は大失敗で、スタートの向きが悪かったためジャンプ台を超える前に右に逸れてコースアウトしてしまいました。車を固定して狙いを定めることができないフリクションモーターの欠点がここで現れました。しかし2走目では狙いも完璧で、ジャンプ台から一番奥の車まで真っすぐに車列の上を走り切りました。フリクション特有の粘りのある走りで車を踏み越えていきましたが、スコアは伸びず3台の屋根を潰したにとどまりました。

hmr2019_monstertruck_8395.jpg
1st Score: 4 / Builder: ムラにゃす
 テクニックのプルバックモーターに5幅のパンプキンのボディを載せています。こちらもカーショーレベルのボディを載せていますね。タイヤは他の車に比べると少し貧弱に見えます。

hmr2019_monstertruck_205721.jpg
 1走目の1回目の走りはプルバックモーターの巻きが少なかったのか、ジャンプ台の縁で車が止まってしまいました。かわいそうなので1走目をやり直してもらいましたが、そのやり直した1走目が上の写真の状態となりました。テクニックのプルバックモーターは非常に強力で、軽めのボディだとかなりの勢いで飛んでいきます。空中で裏返しになったマシンがボディから車列に落下し、モンスタートラックのボディがバラバラにクラッシュしました。マシンを復帰することができず、結局2走目は走らずにスコア4で終了となりました。

hmr2019_monstertruck_8390.jpg
1st Score: 4 / Builder: Sakurai
 テクニックのプルバックモーターを使用したこちらのマシンは実際にモンスタージャムを走っている犬の形のマシンを基にしています。タイヤも大き目なものが採用されています。

hmr2019_monstertruck_202814.jpg
 強いモーターと大きなタイヤで、綺麗なジャンプを描いています。1走目は車列の真ん中あたりに着地し、横転しながら4台の屋根を潰しました。車列中央の4台を潰した後はボーリングでいうところのスプリット状態になりましたが、2走目はさらに勢いを付けて車列後方を狙いました。狙いよりも飛距離が伸びず、結局1走目とほぼ同じ所に着地したためスコアは4のままで終了となりました。

hmr2019_monstertruck_8397.jpg
1st Score: - / Builder: たむちん
 こちらはRCマシンを2台持ち込んだたむちんさんの片方の1台です。ボディに電池ボックスを埋め込み、電動モーターを前後2個付けて四輪駆動としているようですね。しかし走らせてみたところ、ジャンプ台を登る力が出なかったため、本戦には出場しませんでした。

hmr2019_monstertruck_8396.jpg
1st Score: 6 / Builder: たむちん
 こちらが本戦に登場したたむちんさんのRCマシンです。電池ボックスとモーターを抱えて、上に4幅のボディが載ります。今回一番大きなマシンとなりました。タイヤの幅で16ポッチのコースレーンギリギリでした。

hmr2019_monstertruck_203205.jpg
 ステアも可能となるRCマシンは今回かなりの有力株でした。実際1走目は車列の1台目から乗り越えていく車のすべての屋根を潰すパワーを見せつけました。しかし途中でスタックしたため1走目は6台の屋根を潰し、つづく2走目となりました。しかしステア操作をミスったか、2走目ではジャンプ台手前で大きく右に逸れてしまい、車列に突っ込む前に横転して終了となりました。それでもトータルの6台というスコアは今回最高となりました。

hmr2019_monstertruck_8387.jpg
1st Score: 6 / Builder: 柴
 今回最大勢力でもあったテクニックのプルバックモーターで、さらにチェーンで四輪駆動化されています。ボディはシンプルな4幅ボディです。ただし接続はかなり弱めなようです。

hmr2019_monstertruck_215942.jpg
 今回最も安定した走りを見せたマシンでした。1走目ではやや右に逸れながらも、車列の先頭から後方までを駆け抜けました。1走目の時点で潰した屋根の数は4枚でした。つづく2走目でも同様に真っすぐな走りを見せ、さらに2台の屋根を潰してスコア6となりました。



 さて全ての車のスコアが出そろった時点でRCカーのたむちんさんと、プルバックモーターの柴さんがスコア6で同点となりました。2台にはもう一度同じトライをしてもらい、その結果のスコアを競うことになりました。

hmr2019_monstertruck_221225.jpg
Final Score: 0 / Builder: たむちん
 結果、たむちんさんのRCカーは散々となりました。2走はどちらもジャンプ台でコースを逸れてしまい、車を1台も潰すことができませんでした。RCはかなりの有力株と当初は見られていましたが、大きくて重いバッテリーとモーターを載せていることから重心が高くなり、非常に倒れやすいことがネックになりました。またステア可能ですが、微調整ができないためコースを定めることが案外難しいマシンでした。

hmr2019_monstertruck_202447.jpg
Final Score: 5 / Builder: 柴
 柴さんの1走目は勢いよく車列の上を駆け抜けたものの、屋根は1台も潰せませんでした。2走目では安全策を取ってか控えめな勢いで走行となりましたが、功を奏して5台の屋根を一気に潰すことができました。結果的に一貫して安定した走りを見せた柴さんの優勝となりました。

hmr2019_monstertruck_8436.jpg
 こちらが全員のスコアまとめです。1走目と2走目を足し算形式で表しています。決勝戦を行った柴さんとたむちんさんだけスコアを2回出したことになります。
 初開催にして様々なマシンが揃ったモンスタートラック競技ですが、思った以上に奥が深い遊びでした。10台すべて潰すマシンも出るかと思っていましたが、案外苦戦しているマシンが多かったですね。モーターの性能を活かすために軽くすると車を潰せませんし、重くするとジャンプ台を越えていけないのでバランスが重要だと思いました。その点で最もバランスが良かったのが優勝の柴さんのマシンだったのでしょう。

hmr2019_monstertruck_8440.jpg
 競技の後はたむちんさんのRCモンスタートラックがコースを縦横無尽に走り回って車を破壊していました。フリースタイルがあればRCカーの優勝でしたね。
 予想以上に楽しかったモンスタートラック、次回はあなたもぜひ参加してください。

関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1204-bd077eb5