Tobeat:シャコタン系チューナースタイル - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Tobeat:シャコタン系チューナースタイル

tobeat_1.jpg

Tobeat

 最近の改造スタイルはとにかく低くて格好いいことが条件です。新しいリムを使ってそんな今のスタイルを作ってみます。



 私が最近注目しているのはスピードチャンピオンズのホイールディスクです。今までの4幅車ビルドではホイールの選択に限りがあるのが大きなネックでしたが、スピチャンの様々なホイールを選択肢に入れることができれば、やれることが一気に広がります。しかしスピチャンのホイールとタイヤは4幅車には少し大きいので、使うのはスポークがデザインされたディスクだけです。これに11mm用のスリックタイヤを引っ張って履かせます。しかしセットの仕方にはまだ課題があります。

tobeat_2.jpg

 イメージするのは現代のスポーツクーペで、ノーズは短めに、ウェストラインも高めにしてボリュームのあるボディデザインにしました。星型のディスクをチョイスし、シティフェンダーと組み合わせます。普通にセットすると車体の下の隙間が目立つので、今回はフェンダーの下に1プレート分黒のエアロを巻いてみました。しかし1プレート分挟んでしまうと今度はタイヤの接地がかなりギリギリとなり、ボディがピッタリ地面に着いてしまいました。最近はエアサスで着地させることも珍しくない時代ですが、私の理想としては少しのクリアランスは残しておきたかったところではあります。フロント周りは新しく見せるためにグリルを大きめに作りました。ヒンジで斜めに固定しており、わずかに上に飛び出しているのでボンネットのカーブスロープは若干無理組みとなっています。

tobeat_3.jpg

 ルーフからはカーブスロープでゆるやかにリアへと傾斜します。リアガラスはいつも悩むところですが、黒いパーツで表現してしまうのがすっきりして簡単です。テールライトは高めの配置にして、後ろからの見た目も現代的に見えるようにしています。リア回りはバンパーなどをなくし、大型のリアウィングとディフューザーを装着しました。少し大げさな形にした方が見栄えが良いです。マフラーはテールライトの間から出します。

tobeat_4.jpg

 ボディサイズに余裕があるのでハラキリはしていません。ホイールは14mmがスピチャンディスクと同じ径なので、タイヤと合わせてディスクを固定しています。ホイールの固定はクリップとなります。リアだけタイヤを2本巻いているのは、内側の高さを上げて地上高を少し上げるためです。
 とりあえずは完成としましたが、スピチャンディスクの使い方にはまだいろいろとトライの余地がありそうです。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1216-681652d8