Volcano Buggy:火山の演出と未来の車 - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Volcano Buggy:火山の演出と未来の車

volcanobuggy_1.jpg

Builder: シゲ

 4幅車カルチャーの一つの方向性として重要な柱となるのが、Hot Minifig Ridesで選ばれるベストデザインです。



 HMRのカーショーには、ビルダーのオリジナリティを評価するためのベストデザインというアワードがあります。このアワードは、まだカーショーアワードが4つしかなかった初回のHMRから用意していました。レゴで車を作るには現実のカーカルチャーへの尊敬と模倣が必要になります。しかしレゴで作るからには私たちの創造は現実の範疇に収まってはいません。私たちの4幅車は現実の車をも超えていきます。

volcanobuggy_2.jpg

 彼は毎年貪欲にこのアワードを狙いにきています。この車のテーマは見ての通り火山のようです。ボディはバンパーやサスペンションなどにネオンオレンジのクリアパーツが採用されており、非常に未来的なルックスです。4幅車に使うには珍しいパーツも多くあり、例えばキャノピーに使われているのはバイオニクルのマスクとなっています。またリアウィンドウにはクリアオレンジの岩パーツが配置され、全くもって普通の車とは異なるデザインになっています。レゴには何種類もの変形パーツがあり、多くのビルダーがそれらの特殊パーツを自分の作品に組み込もうとチャレンジしますが、難しいのは特殊パーツと基本パーツとのつながりを演出することです。この車のマスクのキャノピーはデザインの中に非常に上手く取り込まれています。それはフロントやドア部分を斜めに接続するなどラインが平坦にならないようにすることで、特殊パーツだけが浮かないように工夫されているのです。

volcanobuggy_3.jpg

 素晴らしい車には素晴らしいホイールが組み合わさることで、初めてクールなカスタムカーとなります。彼がわざわざブリックリンクで取り寄せたのは半透明の白いタイヤです。このタイヤのエキゾチックな雰囲気を壊さぬため、ホイールはネオンオレンジのミニフィグヘッドが使われました。オレンジのサスペンションとも相まってかなりサイバーな雰囲気が足回りから発せられました。足回りを見せるためのボディの間の作り方も上手いですね。パーツを詰め込むだけがメカビルドではないということです。

volcanobuggy_4.jpg

 ホイールのミニフィグヘッドはハーフペグのポッチ接続で保持されているようです。前後ともにアームが伸びており、足回りを自由に動かすことができます。今回はそのギミックも見せられるディスプレイが用意されていました。良い車を作るだけではなく、良さを伝えるためのアピールの仕方もよく心得ているようでした。

関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1217-04b3b60e