Under Flash:ストリートレーサーのアンダーネオンの輝き - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Under Flash:ストリートレーサーのアンダーネオンの輝き

underflash_1.jpg

Builder: Agius

 私たちの4幅車ビルドの世界は、夢が次々と叶っていく世界です。昔ならありえなかったものが、今では手元にあるのです。



 一部の人は知っていることですが、私はレゴで作るコミックというものをウェブで連載していました。その中の「ハイスクール・レースウォー」という作品を製作するにあたり、ストリートレーサーたちのワルな世界を表現するために、4幅車にアンダーネオンを取り付けることを画策したことがありました。もちろんレゴに非合法な改造を施すことが前提でした。しかしそれにしても非現実的であったため、そのプランは闇に葬られることになりました。2008年のことでした。
 今年のHot Minifig Ridesではあの頃に思い描いていた世界が、ターゲットの駐車場で繰り広げられることになりました。たった一人で4幅車を作り出していたあの日々に、大勢のビルダーが集まってこの光景を生み出すことになるとは想像できませんでした。今では4幅車は本当に暗闇の中で妖しく輝きを発するようになりました。もちろんこれはレゴ純正でないパーツを使った、非合法なテクニックです。しかし私たちの楽しみを止めることは誰にもできません。これこそがアンダーグラウンドな4幅車の世界なのです!

underflash_2.jpg

 言葉で説明してもしょうがないというこの姿に、誰もが驚くことでしょう。今やこれこそがイリーガルな4幅車の最先端です。古き良き時代を思い起こすチューナースタイルにしっかりとミニフィグを乗せ、前後サイドすべてに地面を照らすLEDライトを仕込んでいます。コードが出ることもなく全てがこの車の中で完結しているという完璧なアンダーネオン仕様なのです。光らせる細工が素晴らしいことは当然のことですが、その装飾に見合うだけのボディの作り込みもハイレベルなものになっています。ホイールベースを7ポッチとするオーソドックスなフォーマットながら、ワイドなタイヤに合わせてオーバーフェンダーにする造形は現在のトレンドです。またL字タイルを使ったやや大げさなフロントスポイラーやルーフのスポイラーなど、今の目で見ても十分に通用するルックスを備えています。

underflash_3.jpg

 後ろ側は特に車高が高く、ライトの光がよく確認できます。テールからはロボットアームによるステーを伸ばしてリアウィングが取り付けられます。ボディカラーに白が選ばれているのは夜間撮影でも映りやすいようにでしょうか?

underflash_4.jpg

 ブリッカーズでも扱っているライトアップブロックのLEDパーツが使われています。1x4タイプが4個つながったタイプです。といっても製品版そのままではなく、それぞれをつなぐ配線が全て短くやり直されており、無駄なコードが散らかってしまわないようになっています。またボディ側にコードが出ないように、本来プレートの側面から出るコードは裏面から出るように変更されています。側面の穴だけが残っているのがリアのパーツから見て取れます。

underflash_5.jpg

 リアウィンドウの中に基盤が設置され、ボタン電池とスイッチが取り付けられています。カスタムパーツをさらにカスタムしたお手製のシスタムですね。小さい金属のボックスがスイッチになっており、オンオフを切り替えられます。ここまで完璧に工作されているのは感服するしかありません。
 HMRではイリーガルビルド向けにジ・アウトローというアワードを用意しています。今年はこの車に進呈することに迷いはありませんでした。イリーガルだからとコソコソと隠れる必要はありません。少なくとも4幅車のショーの世界では正当に評価される対象となります。レゴのブランドを守る義務は私たちにはありません。なんたってアンダーグラウンドですからね。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1228-8791a7ad