Go Camping:キャンパーの見た目と機能の両立 - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Go Camping:キャンパーの見た目と機能の両立

gocamping_1.jpg

Builder: たけのこ

 今回はキャンピングカーのご紹介です。後ろに自転車でも載せて旅にでかけてみましょう。



 キャンピングカーは華やかなカーショーの主役とは言い難いですが、キャンピングという趣味はカーライフの中では大きな地位を持っていると思っています。Hot Minifig Ridesではショーとしてのキャンパーの展示を推奨するため、ベストキャンパーのアワードを用意しています。そして今年のアワードに輝いたのがこちらの車なのです。

gocamping_2.jpg

 ボディと一体型となった典型的なキャンピングカーのスタイルです。この車で特筆すべきはコンパクトなサイズ感です。ボディはキャブ部分を4幅にし、架装全体を5ポッチ幅として大型なボディを表現しています。それでいてホイールベースは7ポッチ長という、通常の乗用車と同じスケールに収められているのです。大柄なボディはのっぺりとした印象にならないように、ボトムラインにダークタンのプレートを1枚分挟んだり、ルーフの窪みを付けたりしています。キャブはサイドにタイル貼りでボディ後半とのギャップを埋め、フロントガラスは半ポッチの位置調整でフロントマスクの印象を作り変えています。

gocamping_3.jpg

 左サイドがドアとなっているため、左側通行の日本の道路を想定していると思われます。テントの屋根を取り付けるレールもこちら側に付いています。後ろにはラックに自転車が載せられ、大き目なバンパーが取り付けられます。総じて奇を衒った箇所もなくシンプルで、そこがリアリティのあるキャンピングカーの魅力を最大に活かす演出となっています。

gocamping_4.jpg

 そしてキャンピングカーなら必ずチェックしなければいけないのが内装です。屋根は全体が取り外せるようになっており、内部も作り込まれていることが分かります。このサイズですのでベッドなど置きようもないですが、中を見ても雰囲気のある作り込みがされているのは今回アワードを選ぶにあたって大きな決め手となりました。またサイドドアはロボットアームの仕組みによって開閉可能となっています。それにドライバーのミニフィグも乗せられるわけです。コンパクトでクリーンな外見と、ハイクオリティな内側を両立した素晴らしい作品といえるでしょう。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1229-6da87be5