【オフ会】懐古的な未来とアメリカン・パトカー - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. ヨンハバシャコタンヤクザ. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
2

【オフ会】懐古的な未来とアメリカン・パトカー

oldpolice_1.jpg
作者:関山

さいたま新都心レゴオフにて撮影した関山さん作のパトカーです。
クラシックなスタイリングながらどこか未来的でもあるその立ち姿は、他に並んでいる4幅車の中でも別格でした。

【オフ会】埼玉新都心レゴオフ会参加してきました!




タイルで側面を塞いだフェンダーが特徴的です。
タイヤとフェンダーを被せるには、今のところ最も実用的なやり方です。
車種によっては、フェンダーの微妙な膨らみも表現できる手法になります。

そして古めかしいフロント周りの造形は、4幅車ではなかなか難しい部分ながら、非常に上手くまとめられています。
ラウンドを使ってフェンダー面に丸みを付け、また横に貼ったタイルが邪魔なラウンドの下半分を隠してくれています。
フェイスの前面には特殊形状のスロープを使って、曲線を取り入れています。
ここでヘッドライトを丸プレートにせず、プチスロの四角く尖ったデザインにしたために、この作品はただのクラシックカーから、どこか未来的な雰囲気を漂わせるオリエンタルなものになっています。

oldpolice_2.jpg

リアは曲面の異なる2種類のカーブスロープを使っています。
この辺り、サイドのタイルにも6ポッチ長を使っていますし、4幅車なのにとても伸びやかな印象を受けます。
テールライトの丸プレートの採用と、また側面タイルによる絶妙な隠し方も素晴らしいです。

そして目立つのは大小4本並んだアンテナ群です。
これがとってもSF的雰囲気を盛り上げてくれています。
さらに色合いの落ち着きのなさも、狙いの一環と思われます。
メインカラーは黒で組まれていますが、ボディ下面を灰/白へと変化させ、ボディの随所に意図的にしか配しないであろう色プレートが使われています。
またアメパトカラーによる白ドアや、赤青のパトランプなんかも、この作品をカラフルに見せてくれています。
駄目押しは屋根に使われているプリント付きのウェッジでしょう。

車高を下げすぎないところが、この作品において丁度いい塩梅にフィットしています。
なんでもかんでもシャコタンにすればよいと言うものではありませんね。

oldpolice_3.jpg

フロント及びリアフードは開閉可能です。
トランクには荷物も積み込んでありました。
上から見たときのタイヤの隠れ具合も良いですね。

oldpolice_4.jpg

私のストリートレース仕様のパトカーと並べて。
全く異なる作り方で作った2台のパトカーでも、4幅車なら一つの世界観を共有できるのが分かります。
これはサイズが大きくなっていくほどに難しくなることなので、4幅車の利点であるといえますね。

この作品はすでにご自身のブログ上で発表されたものです。
▼ Steven1980氏の流儀を、BUCHI自動車の方法で: Legoゲージ推進機構日報~レゴトレイン・ブログ

製作は2007年と、すでに6年近くが経過しています。
ドアにPOLICEプリントが採用されるなど、製作時よりもブラッシュアップが図られているようですね。
さらにこの作品はブリックシェルフにあった大型作品へのオマージュであるとのことですが、残念ながら該当の作品は現在削除されているようで見ることができませんでした。
それでもこの4幅版の作品を見るだけで、元の作品がどれだけ素晴らしいものであったのか、なんとなく分かるような気がします。
関連記事
スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。

2 Comments

関山 says..."オリエンタル、なんていい響き"
 丁寧なご紹介、ありがとうございます。

 狙ったところを列記されると、なかなか照れくさいものですね。
 中でもここは最高の賛辞です。
>未来的な雰囲気を漂わせるオリエンタルなものになっています
 オリエンタル、なんていい響きなんでしょう。

>色合いの落ち着きのなさも、
 ここは狙って派手?にしたというより、車高を低く見せるための技術です。
 ボディ下面で色を変えると視覚的に「薄く」見せられますから。でもアメパトのカラフルさはお気に入りな部分です。パト作るときはなんとなくアメパト仕様にしてしまいますね。
(回転灯は日本の赤だけ、欧州の青だけ、は物足りない感じが)
 余談ですが、台湾もパトカーは赤青回転灯でした。

 プリントウェッジはメディアではよくあるちょっと不良っぽい警察(こち亀とか逮捕しちゃうぞ程度)を意識してみました。正義の為に(多少の)規則は破るカオティックグッドなイメージです。

>4幅車なら一つの世界観を共有できる
 激しく納得です。二台並んだ情景は「たまたま違う所轄が鉢合わせた」位にしか見えません(笑)。
 また、今のCityフェンダーの車とも共存できるってことに安堵を覚えます。

>大型作品へのオマージュ
 まさか元作品が削除されていたとは思いませんでした。
 こればかりはちょっとショックです。6年という時は長いのですね。

 それはそうと、この車のノーマルバージョンとかファイアチーフバージョンも作ってみたくなりました。後者の方が派手で楽しいかも(笑)。
2013.07.17 02:10 | URL | #KWOxclv. [edit]
Tamotsu says..."関山さん"
こういう四角くない車を作れるってとっても憧れます。
自分は四角い車ばっかりなので。

屋根のフレアーは不良っぽさを意識してのことでしたか。
私のパトカーもちょいワルなので、案外テーマは一致していましたね。
バッドコップっていいですよね。

シティフェンダーによって4幅車の伝統が壊されたというより、歴史が繋がれたとむしろ感じます。
表現の幅が広がりますし、新しい物が出るから古い物が活きてくると思います。
こうしてしっかり競演可能ですし。

ファイヤー仕様もいいかもしれませんね。
何にせよ回転灯付きの車って好きです。
2013.07.17 22:11 | URL | #dNm2mw72 [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/123-a409e486