Hot Minifig Rides 2019 ドリフトバトル - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Hot Minifig Rides 2019 ドリフトバトル

hmr2019drift_1.jpg


 Hot Minifig Ridesの競技のひとつ、ドリフトバトルです。今回は波乱の展開でした。



 ドリフトバトルも毎回恒例の競技となりました。タカラトミーのドリフトパッケージナノというRCカーのシャーシを使い、レゴでボディを作って走らせますが、肝心のドリパケナノが現在では製造終了してしまい入手困難となってしまいました。前年のトーナメントは6台と、減少傾向だったのでそろそろ潮時かとも思っていたのですが、今年は前年を上回り8台のトーナメントとなりました。

hmr2019drift_8536.jpg
 本戦前の練習風景です。コースは例年と同じとなります。

hmr2019drift_8557.jpg
 全8台がコースに揃ったところです。今回もバトルは追走形式で行われます。先行と後行を入れ替えて2回走ってもらい、上手くドリフトできていた方を勝ちとします。勝負がつかない場合にはサドンデスとして3回目以降の走りをしてもらいます。一回の走行はコースを2周走り、1周目は審査と関係ない練習走行となります。そして2周目の審査区間のコーナーの走りを見て勝敗を決めます。
 審査の基準としては、とにかくテールを出すことを第一に優先としました。壁にぶつからないように恐る恐るの走りになってはドリフトにならないので、壁に当たってでもドリフトできている方を評価のアドバンテージとします。


hmr2019drift_8552.jpg
Driver: どみにく
 サイドにライトニング・マックイーンのプリントタイルを使った派手なドリ車です。一回戦はLimeとの対戦でしたが、一走目の練習中にコントロール不能となり、全速でバックし続ける状態になってしまいました。一走目は結局走れないまま、続行不可能との本人の判断でリタイヤとなりました。他のコントローラーとの混線があったのではないかと思われましたが、原因は不明のままです。

hmr2019drift_8545.jpg
Driver: Lime
 オレンジにペイントされたホイールが特徴のマシンです。彼は毎回ボディを作り変えてきますが、今回はFD風の黄色いボディでドリ車の雰囲気満点です。クラッシュ前提の競技なのでここまで細かい作りにしてくる人は稀です。一回戦はどみにくさんとの対戦でしたが、相手がリタイヤのため実質的に不戦勝となりました。

hmr2019drift_8543.jpg
Driver: 最澄
 前回は不参加でしたが、毎回優勝を争っている有力ドライバーです。マシンはライト付きで、前を行くマシンをパッシングしていました。一回戦目はさくりんさんとの対戦となり、追走となる1走目で卒のない走りを見せアドバンテージを獲得しました。先行の2走目でもやはり最終コーナーでの綺麗なスライドを見せ、一回戦突破となりました。

hmr2019drift_8550.jpg
Driver: さくりん
 マシン不調のため私のドリ車を貸して走らせることになりました。この車もライト仕様となっています。一回戦目は最澄さんとの対戦となり、慣れないマシンで果敢なドリフトに挑戦するも、腕前で上回ることができずに敗退となりました。

hmr2019drift_8548.jpg
Driver: はる~
 初参戦の小学生ドライバーはる~さんです。一回戦目はBUCHIさんとの対戦で、1走目では先行の車に進路を阻まれながらも、小さくドリフトを見せていたためアドバンテージとなりました。2走目では審査区間の最初のコーナーの後に壁に衝突しましたが、その前にドリフトとしてテールを滑らせていることを審査として重視するためマイナスとは取らず、総合で勝ち抜けとなりました。

hmr2019drift_8554.jpg
Driver: BUCHI
 このパトカーは前後バンパーが長く、いつもコントロールに難儀している様子が見受けられます。一回戦目ははる~さんとの対戦でしたが、先行となる1走目ではドリフトできないまま壁に激突し、相手にアドバンテージを取られました。2走目では壁に引っかかって最初のコーナーに飛び込めないありさまとなり、最終コーナーでは辛うじてドリフトしていましたが総合では敗退となりました。

hmr2019drift_8546.jpg
Driver: 歯車
 競技に積極的な歯車さんは今年はドリフトでも参戦となりました。一回戦目はたむちんさんとの対戦でしたが、1走目では滑らせる前に壁に当たってしまい上手くドリフトできずに終わってしまいました。2走目では1周目の練習走行にてフロントバンパーが外れてしまい、ボディの固定が外れたまま本番走行となりました。最終コーナーでは辛うじてテールを出すことができたものの初戦敗退となりました。

hmr2019drift_8555.jpg
Driver: たむちん
 有力候補の一人たむちんさんは、前年のウィナーマシンで今回も参戦です。一回戦目は歯車さんとの対戦となり、1走目では小粒ながらもテールを滑らせる走りを見せました。2走目でも上手くドリフトできなかった相手に対し、最終コーナーで綺麗なドリフトを見せて2回戦目進出となりました。

準決勝:Lime VS 最澄

hmr2019drift_185644.jpg
 順当に実力者が準決勝に上がったところで、この対戦はかなりハイレベルなものになりました。1走目はLimeさんが先行となりましたが、両者ともに美しいドリフトを披露しました。しかし1走目時点ではLimeさんに若干のアドバンテージとなりました。最澄さんが先行となる2走目では、最澄さんが1走目同様の綺麗な走りを見せ、最終コーナーでテールをぶつけてバンパーとリアウィングを捨てながら駆け抜けるオマケ付きでした。画像はその最終コーナーでテールをヒットする瞬間です。一方追走のLimeさんは最終コーナーで致命的なミスによりドリフトできず、トータルではアドバンテージをひっくり返して最澄さんの勝ち抜けとなりました。

準決勝:はる~ vs たむちん

hmr2019drift_190000.jpg
 こちらの準決勝では初挑戦のはる~さんと、前回優勝者のたむさんさんとのバトルになりました。1走目では先行のはる~さんが最初のコーナーで勢いよくドリフトし、そのまま壁に激突しました。画像はその瞬間のものです。しかしここでは壁に当たってもテールを滑らせることができたかどうかが審査のポイントとなるため、はる~さんのアドバンテージとなりました。先行を入れ替えた2走目でもはる~さんは最初のコーナーで勢いよくテールを滑らせていました。小粒なドリフトをまとめていたたむちんさんとの判定は五分となり、1走目のアドバンテージからはる~さん勝ち抜けとなりました。

決勝:最澄 vs はる~

hmr2019drift_190355.jpg
 前回ウィナーが敗退となった波乱の決勝戦です。最澄さんも優勝経験のある有力候補となります。はる~さんは決勝前にシャーシが不調となり、私のシャーシを借りての出走となりました。最澄さん先行となる1走目では最澄さんがコーナーの全てで完璧ともいえるドリフトを披露し、アドバンテージを獲得しました。今回随一ともいえる走りでした。しかしはる~さん先行となる2走目ではその走りを上手く披露することができず、最終コーナーのテールスライド量で今度ははる~さんに分があり、勝負はサドンデスとなりました。
 3走目では最澄さん先行となりましたが、2コーナーの内側のパイロンに引っかかった最澄さんがそのままくるっとスピンするアクシデントが起きました。これはドリフトした後の接触とは言い難く、評価としてはマイナスにせざるを得ませんでした。画像はスピンした最澄さんの横を華麗に駆け抜けるはる~さんです。決定的なアクシデントにより、勝負は初参加のはる~さんが攫っていく結果となりました。

hmr2019drift_8575.jpg
 トーナメント表です。今回はちょうど8人の参加だったので綺麗なトーナメントになりました。正直なところ今回は、二年越しのカムバックとなった最澄さんと、たむちんさんとの勝負のために行った大会みたいなものでした。しかし勝負とは面白いもので、やってみるまで何が起こるかは分からないものです。次回もエントリーが集まればドリフトやります!
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1233-2e4560ee