Roadster:あなたも今すぐホットロッドビルダーになろう! - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Roadster:あなたも今すぐホットロッドビルダーになろう!

hitention_1.jpg

Hitention

 4幅ホットロッドの追及はまだまだ終わりが見えない道です。どうすれば格好いい車をレゴで作ることができるのか、そのルーツはやはりここにあります。



 トラディショナルなホットロッドは今や4幅車の中でもメジャーなジャンルとなりました。一口にホットロッドといっても、ガチなドラッグレーサーだったり、もっとストリート寄りだったりとスタイルは千差万別あります。しかし私が目指すのは実は「人とは違う」というところではなかったりします。オーソドックスなホットロッドの形を、オーソドックスな組み方で作り上げることが私が掲げている目標であり、私が思う最も格好いい形なのです。

hitention_2.jpg

 今回はフェンダーを残した形で、ストリート寄りなロードスターとなりました。シティフェンダーの在庫の状況から、色はダークアズールに決まりました。シティフェンダーを埋める都合もあり、ボディは小細工なしのシンプルな4幅です。リアフェンダーからはボディ同色のレールプレートでサイドステップを作り、フロントフェンダーにはカーブスロープを斜めに配置しています。フロントにはグリル用のパーツと、エンジン用のパーツをそのまま配置しました。フロントウィンドウは1x4パネルを配置しています。ホットロッドを表現する組み方としては簡単かつ、セオリー通りのパーツチョイスにしました。歴戦のビルダーほど避けようとしてしまう便利パーツですが、今回はあえて選びました。やっぱり使えるものは何でも使って車を格好良くするべきなんですよね。それに珍しいパーツを使うとこのブログを見ている皆さんが真似できなくなってしまいますから、メタリックシルバーではなく、今でも手に入るグレーのエンジンパーツと黒のグリルを使いました。

hitention_3.jpg

 ダークアズールはパーツの制約がまだ若干あり、リアトランクまわりの丸め型は少しいびつになってしまいました。90年代のストリートロッド的なイメージなので、車高はスラムドしないハイボーイスタイルです。ボディカラーの鮮やかさを活かすために、その他の色使いには一切の色気を排し、ホイールは最も無難なグレーとしています。ちなみにホイールとタイヤの組み合わせは前後ともに公式通りで、タイヤの引っ張りなどは行っていません。

hitention_4.jpg

 通常の車軸にホイールを取り付け、ハラキリもしていません。斜めのフロントフェンダーを固定しているのは黒のクリップバーです。この組み方で、ちょうどレールプレートとの幅の整合性も取れるようになっています。またフェンダーの内側にはピストルを使ったマフラーを配置しています。
 4幅ホットロッドの定番を生み出すために作った車です。ぜひ真似していただけると私も嬉しいです。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1238-58ef487e