Dark Horse:ツラ合わせでマッスルカーの足元を決める - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Dark Horse:ツラ合わせでマッスルカーの足元を決める

darkhorse_1.jpg

Builder: ナタデココ

 漆黒の美しいボディは、びしっと決まった足元あってこそ成り立つものです。例えばこのマッスルな車もまさにつま先まで整った1台です。



 70年代のマッスルカーをレゴで作るにはどうするべきか。そんな問いへの答えは実に様々に提示されています。この車もその一つです。カーショー会場では陰に隠れてしまいそうな、黒一色のボディはショーカーとしては少々地味に見えます。現実サイズの車ならともかく、サイズの小さい4幅車では黒は「有利な」色とはいえないでしょう。しかし彼はショー向けのサービスには興味がなさそうな様子です。彼のビルドはとてもストイックで、自分の理想をひたすらに追求しているように見えます。そうして生まれた車は実際に美しく、誰のためでもなくレゴのロードフレートの上で輝きを放ちます。

darkhorse_2.jpg

 ボディサイドにカーブスロープを配置した組み方は定石通りです。フロント側にウェッジスロープを配置しているのは新しい試みですね。グリル等が何も表現されていない不愛想なフロントフェイスはパワフルなアメ車の無骨さも表しています。そこにはバンパーに当たるものもなく、吊るしではないレーシーな雰囲気を漂わせています。組み合わせているのはワイドスリックタイヤで、フェンダーの幅ぴったりにツラ合わせされた姿がなんともマッスル感を高めてクールですね。実はこのタイヤでこのツラを実現するのは難しく、やはり他の車とは一味違った雰囲気を出していました。

darkhorse_3.jpg

 ルーフからリアのピラーにかけてはスロープで斜めに下りていき、内側もブラケットとプチスロを使って斜めのラインが作られています。リアウィンドウは細かい段差が付けられルーバーの表現となっています。盛り上がったリアフェンダーはやはりマッスルカーのセクシーなポイントでしょう。テールには小さなリアスポイラーが付き、テールライトの下からはバンパーなしでマフラーが覗いています。カーブしたボディラインからはみ出すタイヤも実に扇情的ですね。ボディサイドのカーブスロープは左右でパーツの配分が異なります。彼はまだ若いビルダーで、まだ十分なパーツ在庫も持っていないのです。しかし格好いい車を作る情熱はどんな人間にも負けていません。

darkhorse_4.jpg

 この車で一番紹介したかったのがこの裏面です。ワイドスリックで綺麗にツラ合わせされているマジックがここにあります。1x2片側車軸を使い、左右で1プレート分の隙間を開けて配置してあります。黄色のブラケットに車軸を装着していますが、左右のブラケットは丸クリップで接続されているようです。シャーシ面のブラケットがグレーの面だけポッチが下向きになっているのは、前後で車高を調整するためと思われます。リア側の丸クリップは上下反転して車体と接続されているということでしょう。いずれにせよ、タイヤのフィッティングは完璧です。一見地味な車であっても、足元へのこだわりは他に類のない相当なものでした。しかしこのような小さなこだわりこそが、4幅車を格好良くするために本当に必要なことなのです。

関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1240-97d81b44