Fat Tire Phantom:ロールスロイスの鬼キャンカスタム - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Fat Tire Phantom:ロールスロイスの鬼キャンカスタム

fattirephantom_1.jpg

Rolls Royce Phantom / Builder: こんぽた

 夢のカスタムを実現するなら、レゴはうってつけの素材です。美しいロールスロイスをめちゃくちゃにするのも全てあなたの自由です。



 最近では日本の暴走族スタイルはすっかり海の向こうで認知されるに至りました。原典通りの街道レーサーもアメリカのショーに現れるようになりましたが、もう一つの暴走族カルチャーの方向性はスーパーカーのカスタムに向いています。このロールスロイス・ファントムはそんな今どきの流れに乗ったものとして見ることができます。高級外車を鬼キャンにし、元々のゴージャスさや品を捨てたスタイルは一見バカバカしい改造のようにも見えますが、そんなことは誰にも文句を言われる筋合いはありません。この車のクールさは、品性を捨ててこそ得られたものだからです。

fattirephantom_2.jpg

 ベースはファントムということで、大きな車格を表すためにホイールベースはかなり長めに取られています。ロールスの顔というべきフロントグリルはグレーでしっかり再現され、黒の1x1プレートを置いた控えめなヘッドライト表現はファントムのフロントマスクをよく捉えています。その重厚なボディに組み合わせられるのは、シティフェンダーとキャンバー角を付けたタイヤです。ホイールは黒の11mmワイドを使い、セットされているタイヤはよく使われる薄いスリックではなく、さらに分厚いワイドスリックタイヤです。この足元のセットアップはロールスロイスを厳つく見せる絶妙な組み合わせになっています。フロントにはオイルクーラーのホースが見えている小技もよく効いています。ホースはミニフィグ用の鞭が使われています。

fattirephantom_3.jpg

 赤いボディに黒のルーフでレーシーな雰囲気も出しています。一方でピラーの一部をグレーにしているのは、装飾パーツを一部残している感じでギャップが良いですね。リアウィングはテールからドロイドアームのステーで取り付けられています。トランク部分には黒のヘッドライトブロックが両サイドに向けられており、テールライトが接続されます。

fattirephantom_4.jpg

 ホイールの接続は定番のクリップです。フロントのホースが、シャーシ面のクリップに接続されているのも見えますね。またリア回りのディフューザーにはヒンジのパーツが使われています。
 スタンスという言葉がよく使われるようになってから、すでに長い年月が経とうとしています。シャコタン改造の形は今や様々に広がっています。要は格好いいと思えるものであれば何でもありなのです。そしてレゴであればどんなアイディアでも机の上で生み出すことができます。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1243-f7ab1e75