Diamond Eyes:ファンキースタイルTバケット - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Diamond Eyes:ファンキースタイルTバケット

diamondeyes_1.jpg

Diamond Eyes

 4幅車はミニカーとは違います。模型ではないのでスケールはありません。なので今回のTは少し大きめになりました。



 少し前に3幅のモデルTを作って悦に浸っていたところですが、まだTロードスターでやりたいことが残っており、それがこの尖ったトップでした。モデルTロードスターのソフトトップはオリジナルの時点で尖っていてファンキーなフォルムをしていると思っているのですが、それをチョップしたウィンドスクリーンに無理やりつなげて斜めにするともっとクレイジーな見た目になって格好よくなります。今回はただその尖ったトップをやりたいがために1台形にすることにしました。ソフトトップを完璧な形にするために、今回はボディを4幅にすることにしました。

diamondeyes_2.jpg

 4幅版のTバケットを作るのはそれはそれで楽しい作業でした。ボディはバスタブのようにシンプルで、フロントには控えめにエンジンを盛り付けします。小さなTにはスーパーチャージャーのエアスクープは載せないコンパクトなエンジンが私の好みです。奥まった位置のラジエーターグリルの前にはガソリンタンクを配置しています。ヘッドライトは宝石パーツをクリップで固定しました。実際のカスタムでこういうカットガラスが使われたかどうかは分かりませんが、古い年代のミニカーだとよくありましたね。フロントタイヤは1x1ラウンドプレートにナロータイヤをセットし、蛇口で固定しています。回転はありません。

diamondeyes_3.jpg

 ソフトトップは明るいタン色にし、思い切り斜めに傾けて尖らせました。実際Tバケットを画像検索してみるとここまで極端なトップを装着している車はほとんど出てこないんですが、自分のイメージの中ではこれくらいやった方がイケてると思ったのでこういう形にしました。それに実際にミニフィグを乗せるためにも、ある程度ルーフを高くする必要がありました。ハンドル等も付けるのは諦め、ドライバーは一応乗っていますが彼はほとんど前は見えていないことでしょう。

diamondeyes_4.jpg

 エンジン回りのセクションはバー関係のパーツでフレームを作るのが私の組み方の定番です。ボディとはクリップでつなげてあるので角度を付けることも可能で、マフラー等の追加パーツも接続を作りやすくなります。リア側はワイド車軸を裏返して、真ん中のポッチで接続しています。
 以前に作った3幅のTバケットと並べたらスケール的に整合性が取れなくなってしまいますね。しかしレゴを作るのに、縮尺的整合性を持ち込んでも上手くいきません。小さいサイズで作る4幅車ではなおさらです。車の寸法はミニフィグやパーツたちとよく相談して決めるのが正解です。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1247-81fa91d1